ウルバンバ渓谷


マチュピチュを始め、インカ帝国
時代の遺跡が多く残る、ペルーの
クスコ北西にある「聖なる谷」と
呼ばれる谷は◯◯◯◯◯渓谷?
ウルワリバ
マィタンヤ
デーバナト
ウルバンバ(答)
27%

ウルバンバ川(ウルバンバがわ、スペイン語: Río Urubamba)は、ペルーを流れる河川でアマゾン川の源流の一つである。クスコ南東部のアンデス山脈に源流があり、このあたりはビルカノータ川(Rio Vilcanota)とも呼ばれる。
上流部沿岸にはシクアニ(Sicuani)、ウルコス(Urcos)の町がある[1]。中流部はWilcamayu川と言われ、その沿岸はウルバンバ渓谷と呼ばれる。ウルバンバ渓谷の尾根にはインカ帝国の廃墟マチュ・ピチュがある。ウルバンバ渓谷には町名としてのウルバンバもある。
ウルバンバ渓谷の下流に急流の難所として知られるポンゴ・モエニケ渓谷(en)があり、そこを境に上ウルバンバと下ウルバンバに分けられる。

流域の自然景勝地[編集]
ウルバンバ渓谷
スペイン語ではValle Sagrado de Los Incas(聖なる谷, en)とも呼ばれる。その範囲は明確ではないが、ピサック(Písac)、カルカ(Calca)、ウルバンバ、オリャンタイタンボ(Ollantaytambo)の辺りを指す。ウルバンバ渓谷には、多くの河川が流れ込んでおり、その沿岸には考古学上重要な多くのインカ帝国時代の遺跡がある。ウルバンバ渓谷はトウモロコシの生産に適しており、インカ帝国への食糧供給を担っていた。
引用元:ウルバンバ川 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%83%90%E3%83%B3%E3%83%90%E5%B7%9D

ウルバンバは、クスコから北西に78キロの標高2800mの高地にある町。ウルバンバ川の豊かな水源と穏やかな気候に恵まれたウルバンバは、かつてインカ帝国に食料を供給する拠点だった。青空市場と銀製品の店が並び、さらに丘上にはインカのアンデネス(段々畑)が続くピサク、巨大な階段のように見えるインカ末期の遺跡オリャンタイタンボなど、周囲の町と合わせて「聖なる谷」と呼ばれ、美しく広がるアンデネス(段々畑)と、魅力的な遺跡や名所で多くの観光客を魅了している。
引用元:ウルバンバ旅行・ウルバンバ観光徹底ガイド|海外旅行情報 エイビーロード https://www.ab-road.net/south_america/peru/urubamba/