「GX」ロケット ギャラクシーエクスプレス社


官民共同での開発が予定されたが
2009年の事業仕分けの結果を受け
計画が中止されたのは
「◯◯ロケット」?
GX
FS
AT
GX(答)
36%

CIMG3993
次の世界のロケットを
低軌道打ち上げ能力が
大きい順に選びなさい
プロトン 19.8t
ソユーズ 6.9t
ロコット 1848kg
ペガサス 440kg
引用元:「メチルヒドラジン」オービターの燃料「シャヴィト」イスラエルの打ち上げロケット http://seethefun.net/%E7%90%86%E7%B3%BB%E5%AD%A6%E5%95%8F/10634/

017PfdFZgadGS
次の文字列を順に選んで
ヨーロッパを代表する
豪華国際列車の名前にしなさい
ベニス
シンプロン
オリエント
エクスプレス
「ベニス・シンプロン・オリエント・エクスプレス」
引用元:「ベニス・シンプロン・オリエント・エクスプレス」VSOE http://seethefun.net/%E6%96%87%E7%B3%BB%E5%AD%A6%E5%95%8F/8293/

203qspbjaigpyf
JR貨物が運行している
トヨタ自動車の部品を運ぶ
専用貨物列車は「トヨタ・
◯◯◯◯◯・エクスプレス」?
ルグカロー
ブゴスパン
ロングパス(答)
「トヨタ・ロングパス・エクスプレス」
引用元:トヨタ・「ロングパス」・エクスプレス トヨタ自動車の貨物列車 http://seethefun.net/%E7%A4%BE%E4%BC%9A/30891/

GXロケットは日本の航空宇宙関係企業グループと宇宙航空研究開発機構 (JAXA)、アメリカ合衆国のロッキード・マーティンが官民共同で開発を進めていた中型ロケット。H-IIAロケットを使うほどでもない中小型人工衛星を専門に取り扱うギャラクシーエクスプレス社 (GALEX) が運用し、ユナイテッド・ローンチ・アライアンス社 (ULA) との業務提携のもとヴァンデンバーグ空軍基地から打ち上げる予定だった。しかし、計画の遅れに伴う開発費の高騰と需要の低迷のため、2009年にロケット本体の開発中止が決定された[2]。

開発中止に[編集]
ロケット本体の開発は2002年(平成14年)に開始して以来、JAXAが担当する2段目のLNG系推進システムの開発が難航[12]していたが、2007年10月に実機大LNGエンジン燃焼試験シリーズが成功裡に完了した。
しかし、開発費用は当初見積に比べて大幅に超過することが見込まれた。2008年5月15日に開催された文部科学省宇宙開発委員会の第5回GXロケット評価小委員会において、JAXAとギャラクシーエクスプレスは連名で試算を提出した。この試算により、2003年度時点の当初計画で450億円(試験機を除く)であった開発費が、最終的に約1500〜2100億円に達する見通しであることが明らかになった。そもそも、打ち上げ料金の低減を目的とするロケットであるにもかかわらず、世界初で開発リスクも高いLNG系推進システムを採用したことに問題があったのではとの批判も寄せられた[13]。
2009年8月には宇宙開発戦略本部が「GXロケットには需要、国際競争力が見込めない」という理由で本格的着手を判断できる状況にはないとの見解を発表し[14]、これを受け2010年(平成22年)度予算要求にはエンジン開発費だけが盛り込まれ、ロケット開発費は含まれなかった。その後、鳩山由紀夫政権下で行われた政府の行政刷新会議の事業仕分け作業において、ロケット開発の今後が不明であるのにエンジン開発に予算を割く必要性に疑問が呈され、予算計上の見送り、開発続行の是非の再検討、またロケット開発の中止を求める見解を発表した[15]。
2009年12月、宇宙開発戦略本部事務局はGXロケットの開発を中止することを発表した。GXロケットが目標としていた中型衛星の打ち上げについてはH-IIAロケットでも代用可能とされ、打ち上げコストの面で日本国内・国外ともに十分な需要を確保できる見通しが立たなくなっていた。さらにGXロケットを完成させるために940億円の開発費が追加で必要と予測され、日本の宇宙開発全体を圧迫する懸念もあった。完成の見込みが立っていたLNG推進系については、将来的な応用を前提に研究開発を続ける方針が示された[2][16] 。IHIは即日コメントを発表し、損失は最大で100億円に達する可能性もあると試算した[17]。
自由民主党はGXの中止自体に疑義をとなえ、中止の発表後もGXの必要性を政府に求めていく姿勢を示していた[18]。しかし2010年1月にIHIは113億円の特別損失を計上してギャラクシーエクスプレス社の3月末解散を決定した[19]。
結局、2010年4月1日付でギャラクシーエクスプレスは解散。IHIの計上した特別損失は102億3800万円だった。同年6月18日には東京地裁により特別清算の開始が決定。ギャラクシーエクスプレスの債務超過額は約229億円だった[20][21]。
引用元:GXロケット – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/GX%E3%83%AD%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88