洞川(どろがわ)湧水群



奈良県天川村にある名水百選の
一つは「◯◯湧水群」?
洞川
どろがわ(答)
53%

104WfdHrjNrwS
名酒「灘の生一本」を作るのに
使われる、兵庫県西宮市の海岸
近くで湧く名水は◯◯?
◯の漢字をひらがなで答えなさい
みやみず
「宮水」
引用元:「宮水(みやみず)」 名酒を作る水「西宮の水」から 3つの伏流水がブレンド http://seethefun.net/%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%95%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%AB/6148/

洞川湧水群(どろがわゆうすいぐん)は、奈良県吉野郡天川村洞川に点在する鍾乳洞の地下水および湧水である。吉野熊野国立公園の指定区域内にある。

概要[編集]
吉野郡天川村は大峯山山麓に位置し、中世より修験道が盛ん行われていた土地である。1985年(昭和60年)7月22日に洞川湧水群として環境省より名水百選[1]に指定された。
洞川地区は熊野川源流にあたり、近隣の地質はカルスト地形であり浸水性のある石灰岩とブナの原生林および植林された吉野杉が多雨地域で急な斜面の涵養林となり滞水を助け、その水が地下に浸透し鍾乳洞を形成する。古来より住民から信仰の対象や「守り神」として大切に保全されている湧水地として「神泉洞」「ごろごろ水」「泉の森」がある。
引用元:洞川湧水群 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B4%9E%E5%B7%9D%E6%B9%A7%E6%B0%B4%E7%BE%A4

洞川湧水群(どろがわゆうすいぐん)

本湧水群は熊野川の最上流部霊峰大峯山麓に位置し、ごろごろ水、神泉洞及び泉の森からなっている。住民は常に水に接し、水を眺めているので水に対して親近感と信仰心を抱いている。また春には名水まつりが行われている。

水質・水量
水質・水量は選定当時とほぼ変わらず、良好な状態を保っている。またミネラル分を豊富に含み、体質改善や健康増進にも役立っている。

由来・歴史
ごろごろ水:この付近はカルスト地形で有名な地区で、地中の水路を流れる水がゴロゴロと音をたてて流れる事から、“ごろごろ水”と命名されたと言われている。
神泉洞:洞窟から流れる清冽な水は、水源も流れて行く先も定かではない。昔から神秘の流れ“神の泉”として村人からの信仰的なものとして、保全されている。
泉の森:村の入口、鬼門に当たり、御神木の奥にある洞穴から清水が湧出しており、この水を“神の水”として保全している。
水質保全活動
地元洞川財産区(特別地方公共団体)の管理下にあるため、管理・保全については洞川財産区が行っている。また、古くから信仰的・守り神としても大切に保全されている。
引用元:環境省選定 名水百選/詳細ページ https://water-pub.env.go.jp/water-pub/mizu-site/meisui/data/index.asp?info=60

洞川温泉(どろがわおんせん)とは、奈良県吉野郡天川村洞川(旧・大和国)にある温泉である[1]。

ごろごろ水[編集]
洞川温泉郷から大峯山の登山口である清浄大橋にいたる参道沿いの五代松鍾乳洞付近の石灰岩相から湧出するごろごろ水(名水百選)は現在整備され、大きな駐車場と水汲み場が建設され洞川財産区により管理されている。ごろごろ水の名称は、役行者が大峯山より下山の際にこの地で水を飲み、洞窟の奥より小石が転がるような音がしたところから名付けられた。洞川地区は太古の造山活動による石灰岩の地層の隆起によりカルスト地形が形成され、さらに花崗岩質のマグマが貫入して独特の地形を成したが、その後、森が雨水をたくわえ、各所に清冽な水を湧出させるに至った。泉の森、神泉洞、ごろごろ水の3ヵ所は洞川湧水群として環境省により1985年7月日本名水百選に認定された[2]。
引用元:洞川温泉 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B4%9E%E5%B7%9D%E6%B8%A9%E6%B3%89