「黄檗宗」宇治市の萬福寺、仙台市の大年寺、鳥取市の興禅寺


鳥取市の興禅寺
仙台市の大年寺
萩市の東光寺
本山は宇治市の萬福寺
黄檗宗(答)
浄土真宗
浄土宗
曹洞宗
49%

044ggxfSfZ
東京都の池上本門寺
鴨川市の誕生寺
鴨川市の清澄寺
総本山は身延山山久遠寺
日蓮宗(答)
浄土真宗
臨済宗
黄檗宗
引用元:「日蓮種」総本山身延山(みのぶさん)久遠寺 池上本門寺 http://seethefun.net/%E6%96%87%E7%B3%BB%E5%AD%A6%E5%95%8F/28651/


『分福茶釜』の茂林寺
赤穂浪士の墓がある泉岳寺
とげぬき地蔵の高岩寺
大本山は永平寺と総持寺
曹洞宗(答)

連想
選択本願念仏集
専修念仏による往生
知恩院
法然
浄土宗(答)

連想
奈良の南部七大寺の1つ
蘇我馬子が建立
真言律宗の寺院
蛙石の供養
元興寺(答)

連想
奈良の南部七大寺の1つ
法相宗の大本山
山田寺仏頭を所蔵
南部北側の「南部」
興福寺(答)

連想
奈良の南部七大寺の1つ
愛染堂、四王堂、聚宝館
僧侶の叡尊が再興
真言律宗の総本山
西大寺(答)

連想
奈良の南部七大寺の1つ
真言宗の寺院
ガン封じの祈祷
別名は「南大寺」
大安寺(答)

黄檗宗(おうばくしゅう)は、日本の三禅宗のうち、江戸時代に始まった一宗派(三禅宗は他に臨済宗、曹洞宗)。
日本における仏教の宗派であり、臨済宗、曹洞宗に次ぐ禅宗の一つである。唐の僧・黄檗希運(? – 850年)の名に由来[1]する。黄檗は臨済義玄(?-867年)の師である。臨済宗、曹洞宗が日本風に姿を変えた現在でも、黄檗宗は明朝風様式を伝えている。
本山は隠元隆琦(1592 – 1673年)の開いた、京都府宇治市の黄檗山(おうばくさん)萬福寺である。

創始[ソースを編集]
承応3年(1654年、中国臨済宗の明僧、隠元隆琦により始まる。隠元の禅は、鎌倉時代の日本臨済宗の祖である円爾(1202 – 1280年)や無学祖元(1226 – 1286年)等の師でもある無準師範(1177 – 1249年)の法系を嗣ぐ臨済禅であり、当初は正統派の臨済禅を伝えるという意味で「臨済正宗」や「臨済禅宗黄檗派」を名乗っていた。宗風は、明時代の中国禅の特色である華厳、天台、浄土等の諸宗を反映したいわゆる混淆禅の姿を伝えている。
隆盛[ソースを編集]
幕府の外護を背景として、大名達の支援を得て、鉄眼道光(1630 – 1682年)らに代表される社会事業などを通じて民間の教化にも努めた。また元文5年(1740年に第14代住持に和僧の龍統元棟が晋山するまでは伝統的に中国から住職を招聘してきた。こうした活動から次第に教勢が拡大し、萬福寺の塔頭は33ヵ院に及び、1745年の「末寺帳」には、1043もの末寺が書き上げられている。
明治7年(1874年)、明治政府教部省が禅宗を臨済、曹洞の二宗と定めたため、強引に「臨済宗黄檗派」(りんざいしゅうおうばくは)に改称させられたが、明治9年(1876年)、黄檗宗として正式に禅宗の一宗として独立することとなった。
引用元:黄檗宗 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BB%84%E6%AA%97%E5%AE%97

黄檗宗【おうばくしゅう】

日本の禅宗の一宗派。中国僧隠元(いんげん)が将軍徳川家綱に請い,故山にならって1661年宇治(うじ)に黄檗山万福(まんぷく)寺を創建したのに始まる。教義的には臨済(りんざい)宗の一派で,明(みん)代の念仏禅をまじえる。
引用元:黄檗宗(おうばくしゅう)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E9%BB%84%E6%AA%97%E5%AE%97-38836

興禅寺(こうぜんじ)は鳥取県鳥取市に所在する黄檗宗の寺院。山号は龍峯山。鳥取藩主池田家の菩提寺である。

江戸時代は鳥取藩主池田家庇護のもと、仙台藩伊達家の大年寺、長州藩毛利家の東光寺と並んで黄檗宗の三大叢林として栄えた。しかし、明治時代になり廃藩置県以後は藩の支援が途絶え、経済的危機に見舞われた。このため、本堂の売却を希望し、火災で本堂を焼亡した兵庫県美方郡新温泉町浜坂の龍雲寺に明治21年(1988年)に移築された。現在の本堂は、鳥取藩主の御霊屋であった唯一現存する江戸期の建物である。
引用元:興禅寺 (鳥取市) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%88%88%E7%A6%85%E5%AF%BA_(%E9%B3%A5%E5%8F%96%E5%B8%82)

大年寺(だいねんじ)は、宮城県仙台市太白区門前町に所在する黄檗宗寺院。山号は両足山。開山は普応鉄牛。本尊は釈迦牟尼仏。等級は6等。

歴史[編集]

1927年(昭和2年)頃の仙臺市および近郊地図。大年寺は大年寺山山頂に記載されている。門前町は市街地との連続性がまだない。
黄檗宗に帰依した第4代目仙台藩主伊達綱村により創建される。元禄8年(1695年)に伊達綱村が自ら鍬を握って現在地を開いたとされる。元禄10年(1697年)に当時、綱村の舅にあたる稲葉正則が開基である弘福寺[3]の普応鉄牛[4]を招いて開山した。綱村の死後、伊達吉村治世下の享保16年(1731年)には黄檗宗本山の萬福寺を模倣した伽藍が完成した。また、吉村の治世中に惣門が建設されるが、これが現在、藩政時代の建造物で大年寺に残る唯一の建造物となっている。
引用元:大年寺 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%B9%B4%E5%AF%BA

東光寺(とうこうじ)は、山口県萩市にある黄檗宗の寺院。山号は護国山。本尊は釈迦牟尼仏。

歴史[編集]
吉田松陰誕生地近くの萩市大字椿東字椎原にあり、元禄4年(1691年)萩藩3代藩主毛利吉就が建立した。吉就は若くして黄檗宗に帰依して、本山黄檗万福寺に範を求めて広壮な堂を建立。萩出身の高僧・慧極道明禅師を開山に迎えた。吉就の死後、ここを墓所とし毛利氏の菩提寺となった。仙台藩伊達家の大年寺、鳥取藩池田家の興禅寺と並んで黄檗宗三大叢林のひとつ。
引用元:東光寺 (萩市) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E5%85%89%E5%AF%BA_(%E8%90%A9%E5%B8%82)