「チリの大統領」パトリシオ・エイルウィン、ミチェル・バチェレ


パトリシオ・エイルウィン
ミチェル・バチェレ
アウグスト・ピノチェト
サルバドール・アジェンデ
チリの大統領(答)
エクアドルの大統領
コロンビアの大統領
ベネズエラの大統領
56%

047kYJLYqX
エドゥアルド・ドゥアルデ
カルロス・メネム
ネストル・キルチネル
ファン・ドミンゴ・ペロン
ボリビアの大統領
チリの大統領
アルゼンチンの大統領(答)
コロンビアの大統領

250KzzZKvhCsv
ハイメ・ルシンチ
ニコラス・マドゥロ
カルロス・アンドレス・ペレス
ウーゴ・チャベス
エクアドルの大統領
ブラジルの大統領
ベネズエラの大統領(答)
ボリビアの大統領

147OGMygstBJq
ルシオ・グティエレス
フアン・ホセ・フローレス
アルフレド・パラシオ
ラファエル・コレア
パラグアイの大統領
エクアドルの大統領(答)
コロンビアの大統領
ブラジルの大統領

CIMG0859RlpjiOkjhijp
オスピーナ・ペレス
アルフォンソ・ロペス
アンドレス・パストラナ
アルバロ・ウリベ
チリの大統領
アルゼンチンの大統領
エクアドルの大統領
コロンビアの大統領(答)


カルロス・メサ
エドゥアルド・ロドリゲス
エボ・モラレス
アントニオ・ホセ・デ・スクレ
ボリビアの大統領(答)

連想
ジョゼ・サルネイ
イタマル・フランコ
ジュセリーノ・クビチェック
ジルマ・ルセフ
ブラジルの大統領(答)
引用元:アルゼンチンの大統領「ファン・ドミンゴ・ペロン」「ネストル・キルチネル」 ベネズエラの大統領「ニコラス・マドゥロ」「ウーゴ・チャベス」エクアドルの大統領「ファン・ホセ・フローレス」」「ラファエル・コレア」 コロンビアの大統領「オスピーナ・ペレス」「アルフォンソ・ロペス」「アンドレス・パストラナ」「アルバロ・ウリベ」 http://seethefun.net/%E7%A4%BE%E4%BC%9A/5397/

パトリシオ・エイルウィン・アソーカル(西: Patricio Aylwin Azocar、1918年11月26日 – 2016年4月19日[1] )は、チリの政治家。同国大統領(第31代、1990年-1994年)などを歴任。アイルランド系チリ人。名誉法学博士(早稲田大学)などの称号を保有する。

1989年、ピノチェトの後任を決める大統領選にコンセルタシオン・デモクラシア(中道政党連合)から出馬した。かつてピノチェトのクーデターの賛美者であったという彼の過去にも関わらず、左派勢力の大部分も軍政打倒のため大同団結してこれを支持した。対して、ピノチェト支持派は分裂して二人の候補者が立ったため、選挙は大差でエイルウィンが勝利した。しかし、ピノチェトは依然として陸軍総司令官の地位に留まって軍部を支配し続け、再クーデターをちらつかせて軍事政権の人権侵害の責任追及を妨害するなど、軍部の影響力を排除することはできなかった。また与党の国会議席数が足りなかったため、ピノチェトの制定した憲法を改正することができなかった(選挙によらない軍の任命議員が存在したため)。
引用元:パトリシオ・エイルウィン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%B7%E3%82%AA%E3%83%BB%E3%82%A8%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%B3

ベロニカ・ミチェル・バチェレ・ヘリア(Verónica Michelle Bachelet Jeria [beˈɾonika miˈtʃɛl batʃeˈle ˈxeɾja]、1951年9月29日 – )は、チリの政治家、外科医、小児科医。第34代・36代同国大統領。南米諸国連合初代議長(2008年5月23日 – 2009年8月10日)。

1970年代以来、チリ社会党 (PS) の党員であり1995年中央委員、リカルド・ラゴス政権の下で2000年から2002年まで保健大臣、さらに2002年から2004年まで国防大臣を務めた。女性の国防大臣は、チリのみならずラテンアメリカ史上初である。しかし2004年9月に大統領選出馬準備のため国防大臣を辞任した。大統領選挙にはコンセルタシオン・デモクラシアから立候補した。2005年12月の第1回目投票で得票率45%あまりで1位となり、2006年1月15日に行われた決選投票で過半数を制し、チリ史上初の女性大統領に当選した。バチェレの大統領就任から1年も経過しない2006年12月10日にピノチェトが死去したが、この際には国葬を断固拒否する一方で、陸軍による葬式は認めている。自由貿易を進め、2006年に中華人民共和国とのFTAを発効させ、2007年には日本とのEPAも実施させた。

2013年4月13日、社会党と民主主義のための政党(PPD)はサンティアゴ区カウポリカン劇場で行われたイベントにてバチェレを大統領候補に指名した[7]。6月30日に行われた予備選挙[8]にて70%以上の支持を受け、中道左派の党連立新多数派(Nueva Mayoría、旧称: Concertación)の公認大統領候補になった[9]。10月17日に行われた投票では、47%弱の得票を得て首位にたったが、第1回投票において当選に必要な過半数には達せず[10]、第1回投票にて25%の得票を得た右派政党で与党の独立民主連合のエベリン・マテイ候補(前・労働・社会保障相)との決選投票に持ち込まれた。12月15日の決選投票では62.59%の得票率を得て大統領返り咲き当選となった[11]。
引用元:ミシェル・バチェレ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%90%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%AC

アウグスト・ホセ・ラモン・ピノチェト・ウガルテ(Augusto José Ramón Pinochet Ugarte、1915年11月25日 – 2006年12月10日)は、チリの軍人、政治家。第30代大統領(在任:1974年~1990年)。スペイン語では末尾のtをほとんど発音しないため、ピノチェと表記されることもある。

1974年6月27日には大統領に就任。アメリカ合衆国の政財界、チリ国内の保守層や軍部の支援を受けながら、その後1990年3月までの16年間に亘って軍事政権を率いて強権政治を行い、「独裁者」と呼ばれた。ピノチェト政権下では、多くの左派系の人々が誘拐され行方不明となった。2004年のチリ政府公式報告書では、1973年から1990年までの死者・行方不明者は合計で3,196人だが[3]、国際的な推計によれば実際にはもっと多いのではないかともいわれる。また、誘拐・投獄に伴う拷問も広く行われたとされ、新たに建設された強制収容所に送られたり、拷問を受けたりと何らかの形で人権侵害を受けた人々は10万人とも推定され、政治的、経済的な理由での亡命者は当時のチリ総人口の約10%の100万人に達した[1]。いささか怪我の功名的ではあるが、この時にチリ国内のコカイン製造業者も一掃している。
引用元:アウグスト・ピノチェト – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%A6%E3%82%B0%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%94%E3%83%8E%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%88

サルバドール・イサベリーノ・デル・サグラード・コラソン・デ・ヘスス・アジェンデ・ゴスセンス(Salvador Isabelino del Sagrado Corazón de Jesús Allende Gossens、1908年6月26日 – 1973年9月11日)は、チリの政治家。1970年から1973年まで同国大統領であった。アジェンデ政権は、世界で初めて自由選挙によって合法的に選出された社会主義政権である。

>チリ全土でストやデモが勃発する中、6月29日には軍と反アジェンデ勢力が首都サンティアゴの大統領官邸を襲撃するが、プラッツ将軍の軍への統制による努力により、このクーデター未遂事件(戦車クーデター(スペイン語版、英語版))は失敗した。アジェンデはこの事件への報復に労働者への工場占拠を呼び掛け、500以上の工場が政府の直接統制に置かれ[6]、労働者と軍の間で内戦の危機が迫った。このような左右対立の図式の中で、野党内部では秩序回復のための軍の政治介入を求める運動が広がり、次第にチリ軍内部でのクーデター派のコンセンサスが確立すると、アジェンデにとって最大の軍内の同盟者だったプラッツ将軍は孤立し、8月22日に辞職した。陸軍の後任司令官にはアウグスト・ピノチェト将軍が就任した。

死[編集]
万策尽き、行政力も権威も失ったアジェンデは国民投票に訴えようとしたが、投票が実施される直前の9月11日に、ピノチェト将軍が陸海空軍と警察軍を率いて再度大統領官邸を襲撃した(チリ・クーデター)。アジェンデはクーデター軍と大統領警備隊の間で銃弾が飛び交う中、最後のラジオ演説を行なった後死亡した(死因については後述)。ラテンアメリカでは現在でも「9・11」というと、2001年のアメリカ同時多発テロ事件ではなく、1973年のチリ・クーデターを指す事も多い。先述のプラッツ将軍はクーデター直後の9月15日に妻とアルゼンチンに亡命するが、翌年9月30日にブエノスアイレスでピノチェトの創設した秘密警察「DINA(英語版)」の仕掛けた車爆弾により妻とともに暗殺された。
引用元:サルバドール・アジェンデ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%AB%E3%83%90%E3%83%89%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%83%87