「小池百合子」女性初党三役就任


2010年に自民党の総務会長に
就任し、女性として初めて
党三役の座に就いたのは?
野田聖子
小渕優子
小池百合子(答)
高市早苗
48%

小池 百合子(こいけ ゆりこ、1952年〈昭和27年〉7月15日 ‐ )は、日本の政治家。東京都知事(第20代)。地域政党「都民ファーストの会」特別顧問。
アラビア語通訳者[4]、ニュースキャスター[4][5]を経て、1992年に政界へ転身した。
テレビ東京『ワールドビジネスサテライト』キャスター(初代)[4]、参議院議員(1期)、衆議院議員(8期)、総務政務次官(細川内閣)、経済企画総括政務次官(小渕第2次改造内閣・第1次森内閣・第2次森内閣)、環境大臣(第5・6・7代)、内閣府特命担当大臣(沖縄及び北方対策担当)、防衛大臣(第2代)、自由民主党広報本部長、自由民主党総務会長(第49代)、自由民主党国際人材議員連盟会長、都民ファーストの会代表、日本ウエイトリフティング協会会長[6]などを歴任した。

>自由民主党総務会長[編集]

2010年9月の党役員人事で、谷垣総裁の下、第49代自由民主党総務会長に就任した。党三役に女性が就任するのは結党以来初めてだった。2011年9月、自民党総務会長を退任した。
引用元:小池百合子 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E6%B1%A0%E7%99%BE%E5%90%88%E5%AD%90

自由民主党執行部(じゆうみんしゅとうしっこうぶ)は、日本の自由民主党本部において最重要業務の執行を行う役員の総称である。

自由民主党においては、幹事長、総務会長、政務調査会長の三役が、総裁に次ぐ最高幹部であるため、「党三役」と称す。通例として、総裁を除き、党中央の役員は同時に国務大臣との兼任を避け、党の執務に特化する。

>その他[編集]
党三役(幹事長・総務会長・政調会長)に全て就任しているのは安倍晋太郎と森喜朗の2人だけであり、また総裁と党三役全てに就任したことがあるのは森だけである。党三役は2007年9月から2009年9月までと2012年12月以降は選対委員長を加えて党四役となっているが、森は選対委員長の前身である総務局長にも就任している。
引用元:自由民主党執行部 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E7%94%B1%E6%B0%91%E4%B8%BB%E5%85%9A%E5%9F%B7%E8%A1%8C%E9%83%A8