ノバヤゼムリャ


旧ソ連の核実験場があり
深刻な放射能汚染を引きおこした
北極海に浮かぶロシアの島は?
バゼヤリムノャ
ノバヤゼムリャ(答)
46%

ノヴァヤゼムリャ(ロシア語: Новая Земля, ラテン文字転写: Novaya Zemlya ノーヴァヤ・ズィムリャー;他のラテン文字表記の例: Novaja Zemlja 直訳すると「新しい大地」)は北極海に浮かぶ列島で、バレンツ海とカラ海を分け、ヨーロッパの最北東端に位置する。ロシア連邦領。アルハンゲリスク州に属する。ノーヴァヤ・ゼムリャーとも書かれる。かつてはカラ島とも呼ばれた。銅、鉛、亜鉛などを産する。

>核実験場[編集]

ノヴァヤゼムリャの主な核実験エリア
ノヴァヤゼムリャは、冷戦時代に軍事的に重要な拠点であった。ソビエト空軍は島の南部にロガチェボ空軍基地を置き、初期にはインターセプター機を配備した。その後(1955年 – )は、核実験のための戦略的な支援施設となった。ソビエト連邦は冷戦の最中の1954年6月に、ノヴァヤゼムリャを核実験場とすることを宣言し、同年10月には早々に実験場の建設に着手している。現在もロシア連邦の核実験場として使用されている。現在まで、臨界前核実験などの未公表実験を除き、約224回程度の核実験が行われている。
引用元:ノヴァヤゼムリャ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8E%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%A4%E3%82%BC%E3%83%A0%E3%83%AA%E3%83%A3

北極海に浮かぶロシア領ノバヤゼムリャ列島、モシニー氷河の写真(2012年12月20日公開)。堆積物などを含む氷の塊が海に押し出され、ブロッコリーを思わせる模様を描いている。 冷戦時のノバヤゼムリャは重要な軍事拠点で、実際に起爆されたものとしては史上最大の核爆発実験が行われた場所でもある。この50メガトン級の“ツァーリ(皇帝)”爆弾によって放たれたエネルギーは、第二次大戦時に全世界で使用された総爆薬量の10倍に相当する規模だった。
引用元:氷河の“ブロッコリー”、ロシア北極圏 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト http://natgeo.nikkeibp.co.jp/nng/article/news/14/7334/