【西トマト】ブニョル【仏レモン】マントン【伊オレンジ】イブレア


毎年8月に開催される
トマト祭りで有名な
スペインの町は
ブニョルですが

毎年2月に開催される
オレンジ祭りで有名な
イタリアの町は?
イアョニマ
レトブンル
イブレア(答)
17%



毎年8月に開催される
トマト祭りで有名な
スペインの町は
ブニョルですが

毎年2月に開催される
レモン祭りで有名な
フランスの町は?
マントン(答)
17%

イヴレーア(イタリア語: Ivrea)は、イタリア共和国ピエモンテ州トリノ県にある都市で、その周辺地域を含む人口約2万4000人の基礎自治体(コムーネ)。イブレアとも表記される。

カナヴェーゼ(英語版)地方の中心都市である。ドーラ・バルテア川(英語版)河畔に位置し、イタリア側からヴァッレ・ダオスタを経由してアルプスを越えフランスに至る街道の入り口にあたる。毎年2月に行われる、市民が9組に分かれてオレンジをぶつけ合う行事〈オレンジ合戦〉で有名である。
引用元:イヴレーア – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B4%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%A2

ブニョール(バレンシア語 : Bunyol、スペイン語 : Buñol)は、スペイン・バレンシア州バレンシア県のムニシピ(基礎自治体)。毎年8月の最終水曜日に行われるトマト祭り「トマティーナ」で知られる。公式名は二言語の名称をスラッシュでわけたBuñol/Bunyol。

8月の最終水曜日にはトマティーナ(トマト祭り)と呼ばれる収穫祭が行われる。前夜祭には屋台や移動遊園地が設置され、家々の壁がビニールシートで覆われる。翌日にはパロ・ハボンを引き金として、プエブロ広場でトマト投げの乱痴気騒ぎが繰り広げられる。この祭りの起源は諸説あり、若者同士のケンカが由来であるとする説、住民の階級闘争が由来であるとする説などがある。
人口1万人足らずの小さな町に世界各国から観光客が集まる。
2008年には人口の4倍以上に当たる約4万人が参加。北京オリンピックで5位入賞したスペイン男子水球チームも特別参加し、トマト120トンを投げ合った[1]。
引用元:ブニョール – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%8B%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%83%AB

マントン(Menton)は、フランス南東部のコート・ダジュールにある町で、リゾート地としても知られる。イタリア国境に近く、フランス人だけでなくイタリア人も多い。かつてはモナコ公国の領土であったが、1860年にフランス領となり現在に至っている。
前衛芸術家ジャン・コクトーとゆかりがあり、中世の要塞跡を利用したジャン・コクトー美術館がある。また、スペイン出身の作家ビセンテ・ブラスコ・イバニェスが晩年を過ごした地でもある。

マントンは毎年毎年2月中旬から3月初めにかけて開催されるレモン祭りで知られている。レモン祭りは毎年異なったテーマが与えられ、特産品のレモンやオレンジを使ってそのテーマに沿ったオブジェが作られる[1]。徒歩やトレーラーに乗って様々な団体がマントンの通りを練歩く。街の中心のカジノ・ガーデンは祭りのテーマに沿って、展示品を覆うようにレモンで装飾され、巨大な像が建てられレモンで覆われる。カジノ・ガーデンはマントン・クリスマス祭りの会場でもある。またマントン・クラシック音楽祭が毎年旧市街の中心部で開催される。
引用元:マントン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%B3