浙江省 「紹興酒」の紹興市がある省

004ZqYcEurWvh
紹興酒の名前の由来となった
紹興市がある中国の省は
江西省である
×
◯浙江省

紹興酒(しょうこうしゅ)は中華人民共和国浙江省紹興市付近で製造させる代表的な黄酒(ホアンチュウ、Huángjiǔ、すなわち醸造酒)。
>中国では鑑湖の水で仕込むので鑑湖名酒とも言う。アルコール度数は14~18度。飲用にしたり調味料として用いたりする。紹興酒には製法の違いによって、元紅酒、加飯酒、善醸酒、香雪酒の4種類があり、この順にドライである(つまりブドウ糖が少ない)。日本でよく飲まれるのは加飯酒。
引用元: 紹興酒 – Wikipedia

浙江省(せっこうしょう、中国語:浙江省、英語:Zhejiang)は中華人民共和国の省の一つ。略称は浙。華東地区中部に位置し、東シナ海に面す。省都は杭州市。浙とは省内最大の河川・銭塘江を指す。銭塘江は蛇行が激しいことから曲江・之江・折江・浙江などと呼ばれてきた。
引用元: 浙江省 – Wikipedia