日本国憲法は一度も改正されていない


日本国憲法は施行後
一度も改正されていない
◯(答)
49%

憲法改正(けんぽうかいせい)とは、国民が統治者や為政者などに国家権力の行使を信託する上で、統治者等に係る選出方法や国民への権利侵害や不作為など不適当な点や不備なところを改善するため、成文法として明示された憲法の条文を修正(追加または削除)すること。改憲(かいけん)ともいう。
日本で現在行われている憲法改正の議論については、憲法改正論議や日本国憲法改正案一覧を参照。

日本[編集]
大日本帝国憲法
大日本帝国憲法第73条の憲法改正手続に基づき、1946年(昭和21年)11月3日、大日本帝国憲法は改正され、日本国憲法として公布された(1947年(昭和22年)5月3日施行)。
「大日本帝国憲法#日本国憲法への移行」を参照

日本国憲法
日本国憲法は1947年(昭和22年)の施行以後、一度も改正されたことがない(政府の見解や憲法解釈については、自衛隊問題など、個々に議論され変更されている。)。

憲法改正をめぐる議論とその歴史については「憲法改正論議」を参照
近年の日本国憲法の政党別改正案や意見等については「日本国憲法改正案一覧」を参照
引用元:憲法改正 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%86%B2%E6%B3%95%E6%94%B9%E6%AD%A3

日本国憲法の改正手続に関する法律(にほんこくけんぽうのかいせいてつづきにかんするほうりつ、平成19年5月18日法律第51号)は、日本国憲法第96条に基づき、憲法の改正に必要な手続きである国民投票に関して規定する日本の法律である。
国民投票法(こくみんとうひょうほう)と一般に呼称され、他に憲法改正手続法(けんぽうかいせいてつづきほう)・改憲手続法(かいけんてつづきほう)などの略称がある。

>日本国憲法第96条第1項は、日本国憲法の改正のためには、「各議院(衆議院・参議院)の総議員の3分の2以上の賛成で、国会が、これを発議し、国民に提案してその承認を経なければならない。この承認には、特別の国民投票又は国会の定める選挙の際行われる投票において、その過半数の賛成を必要とする」旨を規定しており、憲法を改正するためには、国会における決議のみならず、国民への提案とその承認の手続を必要とする旨が憲法上規定されている。
ところが、具体的な手続については憲法上規定されておらず、日本国憲法の改正を実現するためには、法律により国民投票に関する規定を、具体的に定める必要があると考えられた。本法はその規定に関するものである。
引用元:日本国憲法の改正手続に関する法律 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%9B%BD%E6%86%B2%E6%B3%95%E3%81%AE%E6%94%B9%E6%AD%A3%E6%89%8B%E7%B6%9A%E3%81%AB%E9%96%A2%E3%81%99%E3%82%8B%E6%B3%95%E5%BE%8B