「衆議院議長」土井たか子「参議院」扇千景


土井たか子が、かつて
議長を務めたのは
参議院である
×(答)
◯衆議院
48%

キューブ
女性初の参議院議長になった元女優の国会議員
おおぎちかげ(答)

土井 たか子(どい たかこ、土井 多賀子、1928年11月30日 – 2014年9月20日)は、日本の政治家、法学者。愛称はおたかさん。
衆議院議員(12期)、日本社会党委員長(第10代)、衆議院議長(第68代)、社会民主党党首(第2代)などを歴任した。
日本における女性初の衆議院議長、政党党首である。

>衆議院議長[ソースを編集]
1993年に行われた第40回総選挙で社会党は議席半減の惨敗をしたものの、自身は旧兵庫2区で再選。
総選挙後に細川護煕を首班とする非自民・非共産連立政権の枠組みが固まると、両院で過半数を確保している連立与党は土井を衆議院議長に推すことを決定、衆参通じ女性初の議長となることが固まった。しかし帝国議会時代より当時まで、議長は与野党問わず比較第一党から出すという伝統が続いていたため、野党に転落した自民党は議長ポストを要求し、通常は全会一致で議長が選出されるところを、異例の競合投票によって議長が選出されることとなった。結局、数に勝る連立与党の票により土井が選出されたものの、当選後の議長挨拶の際に野党自民党から激しく野次が飛ぶ中での議長職のスタートとなった。
土井は議員指名には従来慣行の「君付け」に代わり「さん付け」を用いた。しかし後任の議長らはいずれも「君付け」を用い、この試みは土井一代のものに終わった(なお横路孝弘議長は男女で君・さんを呼び分けていた)。また土井は議長席の位置が諸外国の議会と比べても高すぎることを指摘し、議長席の位置を低くするべきであると述べた。
引用元:土井たか子 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%9F%E4%BA%95%E3%81%9F%E3%81%8B%E5%AD%90

扇 千景(おおぎ ちかげ、1933年〈昭和8年〉5月10日 – )は、日本の女優(元宝塚歌劇団娘役)、政治家。靖国神社崇敬奉賛会会長(第3代)。本名、林 寛子(はやし ひろこ)。旧姓、木村(きむら)。兵庫県神戸市出身。
位階・称号は旭日大綬章、桐花大綬章(女性初)、大韓民国修交勲章光化章、台湾一等景星勲章、フランス共和国ボージョレーワイン委員会・フランス食品振興会認定コンパニヨン・デュ・ボージョレー騎士。
参議院議員(5期)、科学技術政務次官(鈴木善幸改造内閣)、保守党党首(初代)、運輸大臣(第78代)、建設大臣(第69代)、北海道開発庁長官(第72代)、国土庁長官(第36代)、国土交通大臣(初代・第2代)、参議院議長(第26代)などを歴任した。

>参議院議長[編集]
保守党の解党により保守新党が結成されると党参議院議員会長に就任し、2003年11月21日に保守新党が解党されると、自民党総裁小泉純一郎と幹事長安倍晋三の誘いで9年7か月ぶりに自民党に復党する。2004年7月30日、第26代参議院議長に選出された。女性が参議院議長に就くのは憲政史上初めてで、衆参両院でも第68代衆議院議長土井たか子に次ぎ2人目だった。

引用元:扇千景 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%89%87%E5%8D%83%E6%99%AF