「空港なし」バチカン市国


バチカン市国には
空港は一つもない
◯(答)
73%

バチカン市国の交通システムは、長さ1.05㎞、幅0.85㎞が国土であり[1]、空港やハイウェイを持たない小さな国家の交通機関である。平均時速3.6㎞の速度で歩くと、バチカン市国は20分以下で横断できる[2]。従って、バチカンのインフラの多くは、バシリカ、建物に囲まれたサン・ピエトロ広場とその入口、建物の後方・間にある通路などである[1]。教皇庁や公式の観光職員が使用するヘリポートが、都市国家の西端にある[3]。

>バチカン国内には、1,435mm(標準軌)の852mほどの短い鉄道路線があり、首都ローマを囲む鉄道ネットワークに接続するローマ・サン・ピエトロ駅がある。バチカン鉄道駅は、建築家ジョゼッペ・モモによって設計され、ラテラノ条約締結後、ピウス11世の統治下で建設が進められた。開業は1933年。ピウス11世の時代、鉄道で巡礼者の輸送が計画されていたものの、長らく乗客輸送に使う機会は限られたものとなっていた。ヨハネ23世は、鉄道を最初に利用した。また、ヨハネ・パウロ2世が例外的に鉄道を利用したことも知られている。
今日、鉄道は主に貨物輸送で使用されているほか、2015年秋からはガンドルフォ城の開放に伴う一環で、土曜日限定でカステル・ガンドルフォとの間に観光列車が運行されるようになった。
なおローマ地下鉄A線が、オッタヴィアーノ駅とチプロ - ムゼイ・ヴァティカーニ駅の間でバチカン市国を通過する。両駅は、バチカンから徒歩10分の距離にある[4]。
引用元:バチカンの交通 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%81%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%81%AE%E4%BA%A4%E9%80%9A