佐藤正忠 脳卒中から生還 『首魁の宴』


脳卒中から奇跡の生還
財界の御意見番
高杉良の小説『首魁の宴』の題材
雑誌「経済界」の主幹
笹川良一
四元義隆
大川周明
佐藤正忠(答)
37%


大阪府箕面市の名誉市民
A級戦犯容疑者として収監
日本船舶振興会を創設
「一日一善」
笹川良一(答)

連想
著書『日本二千六百年史』
五・一五事件で有罪判決
法廷で東條英機の頭を叩く
東京裁判で民間人唯一のA級戦犯
大川周明(答)

連想
元・大本営陸軍参謀
中曽根政権のブレーン
戦後は伊藤忠商事会長
小説『不毛地帯』のモデル
瀬島龍三(答)

連想
政財界のフィクサー
血盟団のメンバー
鈴木貫太郎首相の元秘書
中曽根、細川政権で影の指南役
四元義隆(答)

連想
国際興業グループを創業
戦後ホテル王として活躍
ロッキード事件の被告
記憶にございません
小佐野賢治(答)

連想
政財界のフィクサー
A級戦犯に指定
ロッキード事件の被告
セスナ機が自宅に特攻
児玉誉士夫(答)

経済界創業者であり、経済界主幹・佐藤正忠は、2013年8月17日、85歳にて他界致しました。ここに故人が生前中賜りましたご厚誼を深謝し、衷心より御礼申し上げます。

佐藤 正忠(さとう・せいちゅう)
1928年秋田生まれ
明治学院在学中に、家族への仕送りと学費捻出のため、易者をしながら全国を巡る。 その経験をまとめた初の著書『学生易者』が話題となり、一躍時の人に。
その後、リコー社長の市村清氏の秘書となり、後に「経営の神様」といわれる市村清をプロデュース。各界の一流人の知遇を得る。

>1963年
ホワイトハウスにて。J.Fケネディ米元大統領の弟で、 米国司法長官(当時)のロバート・ケネディ氏の招きで、後の建設大臣の中尾栄一氏とともに初めて渡米。 エンパイア・ステートビルの展望台で経済雑誌のオーナーになることを決意

>1979年3月
脳卒中で倒れ、約一年間の療養生活を経て奇跡の生還を果たす
引用元:株式会社 経済界 会社案内|創業者紹介 http://www.keizaikai.co.jp/company/introduction.html

株式会社経済界(けいざいかい、英称:KEIZAIKAI CO.,LTD.)は、昭和39年4月に設立。雑誌『財界』などと並ぶ老舗の経営者向け雑誌『経済界』の出版元及び、歴史ある異業種交流会『経済界倶楽部』の親会社である。
雑誌『経済界』は、週刊東洋経済などのビジネス雑誌とは一線を画し、経営者のインタビュー中心の記事構成を取る。

>リコー社長・市村清の私設秘書をしていた佐藤正忠(さとう せいちゅう、1928年 – 2013年8月17日[1])が1964年に前身のフェイス出版を設立。月2回発行の雑誌『経済界』の他、経営者の心構えなどを説く各種ビジネス書を出版。佐藤はのち、1979年ゴルフ中に脳卒中で倒れるが、その後一線に復帰し、現在も主幹として活躍。南青山に本社支局があった。2001年10月に佐藤は社長を退任し社主となった。後任の社長には佐藤の長女・有美が就任。
佐藤は、2005年に内閣官房副長官・安倍晋三をグッドウィル・グループ会長・折口雅博(役職はいずれも当時)に引き合わせ、コムスン社内報でのインタビューを実現させた事でも知られる(コムスン通信Vol.10)。
引用元:経済界 (出版社) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B5%8C%E6%B8%88%E7%95%8C_(%E5%87%BA%E7%89%88%E7%A4%BE)

高杉 良(たかすぎ りょう、1939年1月25日 – )は、日本の小説家。ビジネスマン小説の巨匠として知られる。

首魁の宴(講談社、1998年)
経済界の佐藤正忠主幹がモデル。「週刊朝日」連載時には反響の大きさから部数が上向いたと言われている。『首魁の宴』は文庫のための書き下ろし。
引用元:高杉良 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E6%9D%89%E8%89%AF


政財界を裏で繰る巨悪の素顔。渾身の書下し。カネのためには手段を選ばぬ経済誌主幹。日本の濁流を泳ぎ、そこに蠢めく男たちの欲望を手玉にとる。巧妙な手口で取り屋の本領を発揮する組織悪の実態を活写。
引用元:『首魁の宴 政官財 腐敗の構図』(高杉良):講談社文庫|講談社BOOK倶楽部 http://bookclub.kodansha.co.jp/product?isbn=9784062639064