大仙市「全国花火競技大会」大曲の花火


毎年、8月の第4土曜日に
「全国花火競技大会」が
開催される秋田県の都市は?
仙北市
北秋田市
大仙市(答)
にかほ市
53%

全国花火競技大会(ぜんこくはなびきょうぎたいかい)とは秋田県大仙市大曲地区の雄物川河川敷運動公園において、例年8月第4土曜日に開催される花火大会であり、日本三大花火大会の1つである[3][4]。一般に「大曲の花火」として知られている[1]。
数ある全国花火競技会と名を打った花火大会の中で「全国花火競技大会」と言えば当大会を指す[5]。歴史・伝統は最も権威ある競技大会であるとされる[4]。また、日本で唯一の昼花火の競技大会でもある[1]。

>日本煙火協会が後援し、かつ内閣総理大臣賞が与えられる花火大会は全国で当大会(2000年(平成12年)〜)と土浦全国花火競技大会(茨城県土浦市、2000年(平成12年)〜)の2大会のみであり、当大会が日本国内では最も権威のある競技大会とされる。会場対岸には姫神山、福伝山などがあり、それらの山に反射する音と花火観覧の邪魔になる光がない事もこの大会の自慢の1つである。1910年(明治43年)に奥羽六県煙火共進会として始まり、第二次世界大戦などによる中断を経て2015年(平成27年)で89回目の開催となった。
引用元:全国花火競技大会 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%A8%E5%9B%BD%E8%8A%B1%E7%81%AB%E7%AB%B6%E6%8A%80%E5%A4%A7%E4%BC%9A

大曲の花火競技大会の識者の間で最も権威ある大会として位置づけられているのは、まず、花火をつくった本人が自らの手で打ち上げる真の競技大会であること。

つぎに、この競技大会では内閣総理大臣賞・経済産業大臣賞・中小企業庁官賞・文部科学大臣奨励賞・が授与されることです。そして、競技玉として創造花火が採用されたこと。この花火はテーマをもうけて、創造性の高い花火を自由に組み合わせることにより、ストーリー性があり音楽イメージと合った作品を競い合うもので、毎年斬新なテーマ性に優れた花火が、夜空いっぱいに描かれます。
引用元:全国花火競技大会「大曲の花火」オフィシャルサイト|大曲商工会議所 http://www.oomagari-hanabi.com/hanabi.html