「サボンリンナ」携帯電話投げ世界選手権大会


「携帯電話投げ世界選手権大会」
で有名なフィンランドの都市です
サボンリンナ(答)
33%

サボンリンナ
Savonlinna
フィンランド南部,ミッケリ県の都市。県都ミッケリの東方 88km,サイマー湖群の湖を結ぶ島の湖岸に位置する。造船,製材,合板工場がある。付近の小島にあるオラブ城 (1475) は,1812年までロシア=スウェーデン戦争の戦略上の要地で,フィンランドにおける最も美しい史跡。人口2万 8559 (1990) 。
引用元:サボンリンナ(サボンリンナ)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%82%B5%E3%83%9C%E3%83%B3%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%8A-69708

携帯電話投げ(けいたいでんわなげ、フィンランド語: Kännykänheitto)とは、2000年にフィンランドで始まった国際的なスポーツである。競技者は携帯電話を投げ、その飛距離やテクニックを競う。

>携帯電話投げ世界選手権大会は2000年以来、毎年フィンランドのサヴォンリンナで開催されている。2007年度は8月25日開催予定。大賞は新しい携帯電話。
初の全国大会(フィンランド国外における全国大会)は2004年6月にノルウェーのトロンハイムで行われ、その後ベルギー、ドイツ、オランダなど他のヨーロッパ諸国も大会を始めるようになった。初の冬季選手権大会は2005年2月にスイスのシュトースで開かれた。英国選手権大会は毎年8月にロンドンのトゥーティング・ベック競技場にてエイス・デイ・UKとアクション・エイド・リサイクルの共同主催で行われている[3]。
一般的に全国大会優勝者への賞は世界選手権大会へのエントリー(フィンランド・サヴォンリンナ旅行)である。多くの大会は携帯電話リサイクル団体によって支援されており、リサイクルの宣伝に一役買っている[2]。
引用元:携帯電話投げ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%90%BA%E5%B8%AF%E9%9B%BB%E8%A9%B1%E6%8A%95%E3%81%92

世界にはくだらないことを真剣に競い合う愛すべきイベントがたくさんある。イギリスの「チーズ転がし祭」(丘の上からチーズの塊を転がし、それを競技者たちが追いかける)、フィンランドの「奥様運び」(夫役の男性が奥様役の女性を担いで障害物競争)。

 携帯電話の世界では同じくフィンランド発の「携帯投げ世界選手権」がある(フィンランドはこの種のことが好きなようだ)。携帯投げ世界選手権は2000年にノキアのお膝元フィンランドで始まったイベントで、文字通り携帯電話を投げてその飛距離などを競う。
引用元:携帯電話投げ選手権 in フィンランド – ケータイ Watch Watch http://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/column/worldstrend/662407.html