「川尻トンネル」広島県呉線 日本一短い鉄道トンネル

018rLRLZNKuAF
JR東日本吾妻線のルート変更に
より、樽沢トンネルに代わって
日本一短い鉄道トンネルとなった
川尻トンネルがある都道府県は?
山口県
鳥取県
島根県
広島県(答)

樽沢トンネル(たるさわトンネル)は、東日本旅客鉄道(JR東日本)吾妻線の岩島駅 – 川原湯温泉駅間の旧線上に存在したトンネルである。山の出っ張りを掘り抜いたもので、全長約7.2mの日本一短い鉄道トンネルとされていた[1]。
群馬県吾妻郡東吾妻町の国道145号、吾妻川の吾妻渓谷と並行した位置にある。併走する国道には日本最短のトンネルであることを示す案内板やベンチ(歩道上)が設置されており、川原湯温泉駅の観光案内図にも記されている。
引用元: 樽沢トンネル – Wikipedia.

「日本一短い鉄道トンネル」と呼ばれるJR吾妻(あがつま)線の樽沢(たるさわ)トンネル(群馬県東吾妻町)が、24日でその役目を終える。八ツ場ダム(同県長野原町)建設に伴い、線路が高台に付け替わるためだ。名残を惜しむ鉄道ファンが連日訪れる。
>10月1日には新しい線路の使用が始まり、トンネルと線路の管理は国に移る。トンネル自体は水没予定地になく、国土交通省は「地元と協議して活用を検討したい」としている。JRで次に短いトンネルは呉線の川尻トンネル(広島県呉市)の8・7メートルという。(井上怜)
引用元: 「日本一短い鉄道トンネル」引退へ 群馬のJR吾妻線:朝日新聞デジタル.