「富山県」砺波(となみ)市、小矢部(おやべ)市、射水(いみず)市


砺波市
小矢部市
射水市
高岡市
福井県
富山県(答)
石川県
新潟県
54%


引用元:県のプロフィール[県内の市町村情報]|富山県 http://www.pref.toyama.jp/gaiyou/city.html

砺波市(となみし)は、富山県西部の市。農家が田園に点々と散在する散居村の美しい風景、チューリップの球根の生産で有名。
砺波平野の中心に位置し、北陸自動車道砺波ICが立地することから、大型の郊外型商業施設が多い。
引用元:砺波市 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A0%BA%E6%B3%A2%E5%B8%82

小矢部市(おやべし)は、富山県西部にある市。
概要[編集]
江戸時代では富山市や金沢市に近かったことから、北陸街道の宿場町として栄えた。現在は金沢市への通勤・通学率が高く、県境を跨いで金沢都市圏を形成している。能越自動車道、東海北陸自動車道、北陸自動車道の三つの高速道路が通る交通の要衝として工業化が進み、市内にはリクシル、伊藤ハム、スズキ、パナソニック等の企業の工場がある。市内の中心部には小矢部川が流れている。市内には有名建築を模した保育所、小学校、中学校が立ち並び、メルヘンの街として有名である。
引用元:小矢部市 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E7%9F%A2%E9%83%A8%E5%B8%82

射水市(いみずし)は、富山県西部に位置する市。
歴史[編集]
2005年11月1日 – 射水郡の全町村(小杉町、大門町、大島町、下村)および新湊市が合併して発足した。
合併の経緯[編集]
全国的な「平成の大合併」の流れの中、この地域では射水郡の4町村の合併による市への移行、新湊市を含む5市町村の合併、また高岡市、氷見市、小矢部市、福岡町を含めた広域合併などが検討されたが、住民アンケートや2003年(平成15年)2月に行われた小杉町の住民投票の結果などを受けて、同年5月14日に新湊市を含む5市町村による合併協議会が設置された。
合併協議会では新市名の一般公募を行い、その結果「射水市」、「いみず市」、「射水野市」など「射水」を含む市名が多数を占め、最終的には新市名を「射水市」とすることが決定された。新湊市も、かつては全域が射水郡内に属していた。
引用元:射水市 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%84%E6%B0%B4%E5%B8%82

高岡市(たかおかし)は、富山県北西部の市である[2][3]。県庁所在地である富山市に次ぐ富山県第2の都市で、県西部(呉西)の中心都市である。
加賀藩主前田利長が築いた高岡城の城下町として発展し、高岡城の廃城後は商工業都市として発展した[2][3]。伝統工芸の高岡銅器に代表される鋳物の生産が盛んで、豊かな水と電力を背景にアルミニウム工業も発達している。
「高岡」の地名は『詩経』の一節「鳳凰鳴矣于彼高岡(鳳凰鳴けり彼の高き岡に)」に由来し[1][4]、前田利長が築城と開町に際して名づけた瑞祥地名である[5]。
引用元:高岡市 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E5%B2%A1%E5%B8%82