サン・「ルイス」歴史地区


その建物のほとんどがタイルで
覆われている、ブラジル東北部に
ある世界遺産は「サン・◯◯◯
歴史地区」? ◯を答えなさい
ルイス(答)
「サン・ルイス歴史地区」
28%

サン・ルイス (São Luís)は、ブラジル・マラニョン州の州都。メアレム川、イタペクル川、ピンダレー川の三角州であるサン・マルコス湾内のサン・ルイス島にある。市人口は998,385人(2006年)を抱え、都市圏では1,227,659人となり、ブラジル第16位の都市である。
サン・ルイスは、ブラジルで唯一フランス人によって建設された州都である。ブラジルに3つある、島にある州都(他はヴィトーリアとフロリアノーポリス)の1つである。

>1997年にサン・ルイス歴史地区がUNESCO世界遺産として登録された。1989年から資金の投入された、植民地時代の建築物修繕・改装計画が進められている。
引用元:サン・ルイス (マラニョン州) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%AB%E3%82%A4%E3%82%B9_(%E3%83%9E%E3%83%A9%E3%83%8B%E3%83%A7%E3%83%B3%E5%B7%9E)

ブラジル北東部のマラニャン州の州都で、サン・マルコ湾とサン・ジョゼ湾との間にあるサン・ルイス島に位置する。1612年、ブラジルで唯一、フランスが建設した植民地で、町名はフランス国王ルイ13世にちなんで名づけられたもの。中心部には当初の碁盤目模様の街路が今も完全な形で残り、1997年に世界文化遺産に登録された。
引用元:サン・ルイス歴史地区 http://www.jtb.co.jp/kaigai_guide/central_and_south_america/federative_republic_of_brazil/SYS/124213/index.html