フレデリック・「バルトルディ」


この像を制作した彫刻家は
フレデリック・◯◯◯◯◯◯?
バルトルディ(答)
「フレデリック・バルトルディ」
39%

フレデリク・バルトルディ
フレデリック・オーギュスト・バルトルディ(Frédéric Auguste Bartholdi、1834年8月2日 – 1904年10月4日)はフランスの彫刻家。オーギュスト・バルトルディとして知られる。

人物[ソースを編集]
アルザス地域圏のコルマールで生まれたバルトルディは、コルマールとパリで建築と絵画を学んだ。後に自由の女神像の作者として有名になる。

代表作[ソースを編集]
自由の女神像
1886年にフランス政府からアメリカ政府に寄贈されたもの。女神の顔は、彼の母親をモデルにしていると言われている。
引用元:フレデリク・バルトルディ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%AC%E3%83%87%E3%83%AA%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%90%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%AB%E3%83%87%E3%82%A3

この『自由の女神像』の建造計画は1865年、あるフランス市民の言葉から始まりました。パリで開かれていた晩さん会で、歴史家のエドゥアール・ド・ラブライエがこう発言したのです。「間もなくアメリカが独立から100年を迎える。それを祝して“自由を謳う像”を送ろう」と。しかもラブライエは政府の力を借りず、フランスとアメリカ両国の市民の寄付によって建造しようと提案したのです。この一大プロジェクトの指揮を任されたのが、彫刻家フレデリック=オーギュスト・バルトルディでした。確かな造形力と豊かな表現力で評価されていましたが、この時まだ31歳。依頼を受けた彼はスエズ運河の入口に建てようと計画していた灯台のスケッチを出発点に、試行錯誤を重ねていきました。中でも、最も影響を受けたのがドラクロワの傑作『民衆を導く自由の女神』。この名画にインスピレーションを受けながら、彼は彼なりの新たな『自由の女神像』を生み出していったのです。
引用元:KIRIN~美の巨人たち~ http://www.tv-tokyo.co.jp/kyojin/backnumber/130316/