美土路昌一 みどろますいち 全日空の創業者

216hzgrljjDLV
全日空の創業者です
美土路昌一
みどろますいち

美土路 昌一(みどろ ますいち、1886年7月16日 – 1973年5月11日)は、日本のジャーナリスト、実業家。全日本空輸初代社長、朝日新聞社社長を歴任したことで知られている。号は春泥。
>1952年、国内民間航空が再開されると日本ヘリコプター輸送株式会社を設立して社長となり、極東航空と合併して1957年12月全日空の初代社長に就任。その後1961年11月に同郷の元官僚の岡崎嘉平太に社長の座を譲り、同社会長、相談役に退いていたが、朝日新聞社の内紛「村山事件」1964年11月で朝日新聞社社長となる(1967年7月まで)。
引用元: 美土路昌一 – Wikipedia.