「経済連携協定」Economic Partnership Agreement


経済の連携強化を目指して
特定の国・地域間で結ばれる
協定で、「EPA」と略される
のは「◯◯◯◯協定」?
易貿盟由携
連自経済合
経済連携(答)
「経済連携協定」
31%

070QfbYgLR
次の通信社を
本社を置く国ごとに
グループ分けしなさい

アメリカドイツフランス
EPA通信
UPI
AFP
トムソン・ロイター
AP

引用元:アメリカ「UPI」「AP通信」「トムソン・ロイター」ドイツ「DPA」「EPA」フランス「AFP」 http://seethefun.net/%E7%A4%BE%E4%BC%9A/25977/

038sIBVQnSiLNj
イワシなど含まれる不飽和脂肪酸
の1種で、アルファベット3字
では「EPA」と略されるのは
「◯◯◯◯◯◯◯◯◯酸」?
エサコタンンイエペ
エイコサペンタエン(答)
「エイコサペンタエン酸」
「イコサ」C20 「ペンタ」二重結合5 「エン」不飽和
引用元:EPA「エイコサペンタエン酸」 「アクリル酸」低級不飽和脂肪酸「酢酸」低級飽和「オレイン酸」高級不飽和「パルミチン酸」高級飽和 http://seethefun.net/%E7%90%86%E7%B3%BB%E5%AD%A6%E5%95%8F/5219/

経済連携協定(けいざいれんけいきょうてい、英: Economic Partnership Agreement[1]、EPA)とは、自由貿易協定(FTA)を柱として、関税撤廃などの通商上の障壁の除去だけでなく、締約国間での経済取引の円滑化、経済制度の調和、および、サービス・投資・電子商取引などのさまざまな経済領域での連携強化・協力の促進などをも含めた条約である。

自由貿易協定(FTA)
特定の国や地域との間でかかる関税や企業への規制を取り払い、物やサービスの流通を自由に行えるようにする条約[2]。

経済連携協定(EPA)
物流のみならず、人の移動、知的財産権の保護、投資、競争政策など様々な協力や幅広い分野での連携で、両国または地域間での親密な関係強化を目指す条約。

日本ではEPAを軸に推進しており[2]、GATT(関税および貿易に関する一般協定)およびGATS(サービスの貿易に関する一般協定)に基づくFTAによって自由化される物品やサービス貿易といった分野に加え、締結国と幅広い分野で連携し、締約国・地域との関係緊密化を目指すとしている[2][3][3]。
のちに先進国が締結するFTAの多くがEPAと同様に貿易以外の経済分野での協力を盛り込むようになっていったため、EPAを慣習上FTAと報道する海外メディアも少なくない。
2016年時点で日本政府が外国または特定地域と締結した協定はすべてEPA(経済連携協定)となっている。また同年2月にはTPP(環太平洋戦略的経済連携協定)に署名している。
引用元:経済連携協定 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B5%8C%E6%B8%88%E9%80%A3%E6%90%BA%E5%8D%94%E5%AE%9A