「ブラック・キャブ」ロンドン「イエローキャブ」NY


最も一般的な塗装の色に由来する
イギリスを走る流しのタクシー
「ハックニー・キャリッジ」の
通称は?
イエローキャブ
グリーンキャブ
オレンジキャブ
ブラックキャブ(答)
27%

CIMG5999yZVlDmKGIkxI
前足を高く上げる姿が美しく
馬車向けの最上級の品種である
ノーフォーク種などの交配で
生まれたウマは?
ガニラルー
ンクナハモ
ハクニー(答)
引用元:「馬の祖先」ヒラコテリウム オロヒップス エピヒップス ミオヒップス パラヒップス メリキップス プリオヒップス http://seethefun.net/%E7%90%86%E7%B3%BB%E5%AD%A6%E5%95%8F/25018/

ハックニーキャリッジ(Hackney carriage)とは、イギリスにおけるタクシーの正式名称である。
ハックニーキャリッジはイギリスで1662年に認可された辻馬車(現代で言うタクシー用途)が由来であり、1901年からは当時登場間もない自動車も使われるようになった。馬車も20世紀後半まで使用され続けたが、現在ではすべて自動車が使用され、2種あるイギリスタクシー区分の一方で、「流し運行」が許可されているものを指す。2種の区分もイギリス政府により統合が推奨されている。ロンドンではロンドンブラックタクシーという愛称で呼ばれ、日本ではロンドンタクシーとして知られるタクシーのイギリス全体での正式名称である。M25道路を含むロンドンではパブリック・キャリッジ・オフィス(Public Carriage Office)が認可し、ロンドン以外のイングランド、スコットランド、ウェールズなどではノン=メトロポリタン・ディストリクト・カウンシル(Non-Metropolitan District Councils)やユニタリー・オーソリティ(Unitary Authorities)と呼ばれる行政機関が、また北アイルランドでは環境局が認可している。

>ハックニー(hackney)とはロンドン市内の自治区分ハックニーからではなく、ラテン語”equus”(馬)を語源とするフランス語haquenée(アクネー)に由来する。haquenéeは同じフランス語amble(アンブル)と同義で、同じ側の両足を片側ずつ同時に上げて歩くもの。日本語では「側対歩」と呼ばれる。ウォーク(常歩)より速いがキャンター(駈歩)やギャロップ(襲歩)よりは遅い。トロット(斜対歩の速歩)やペースより乗り手にやさしく、トレイル(外乗)など長時間の乗馬に向いている。フランスではこのアクネがhorse for hireつまりタクシーの意味としても使われた。またイギリスではオックスフォード辞典によれば1200年頃にはハックニーの意として馬の品種の一つをあらわすのに用いられており「中程度の大きさと質の馬。通常乗馬用に使用され戦闘用狩猟用荷引用とは異なる」とされている。ハックニーはその後Horses for hire(有料貸出一時利用の馬)を意味するようになり、やがて、for hire(有料貸出一時利用)そのものを意味するようになる。ハックニーはハックニーキャリッジやハックニーコーチ以外にもハックニー(セダン)チェアなどで使われた。
引用元:ハックニーキャリッジ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%B8

ロンドンタクシーは、イギリス・ロンドンを走っている事に由来する英国のタクシーの名称及び商標である。実際には英国の多くの主要都市で見られる。旧タイプの車両は黒塗装のものしかなかったため、「Black Cab」が通称となっているが、新型車に変わってから様々な塗装や、ラッピング広告の車両も存在する。
引用元:ロンドンタクシー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%BC

イエローキャブ(英語: Yellow Cab、英語発音: [ˈjelou kæb])は、アメリカ合衆国の各地で使われるタクシー会社の名称。その名称は、シカゴを拠点とするタクシー会社(現社名: Yellow Cab Chicago Inc.)とタクシー製造会社(Yellow Cab and Yellow Truck and Coach Manufacturing Company)が起源とされる。シカゴのタクシー会社とは資本関係のない会社も多く、タクシー運転手の共同組合として組織されている「イエローキャブ」もある。黄色いボディが特徴的。
ニューヨーク市では、会社の別に関わらず、流し営業を行う全てのタクシーが黄色に塗装されている。日本では、主にニューヨーク市を走るタクシーの呼称として使われる。
引用元:イエローキャブ (タクシー) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%82%A8%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%96_(%E3%82%BF%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%BC)

イエローキャブ (Yellow Cab) は、かつて存在した日本の芸能事務所である。

>2015年1月末で小池・佐藤が契約満了となった事から事業を停止し、事後処理を弁護士に一任、自己破産申請の準備を始め、2015年2月3日に東京地裁に破産を申請、2015年2月12日に東京地裁から破産手続開始決定を受けた[1]。負債は約4億円にのぼった[7][1]。
なお、ライセンス契約に基づく商標使用により設立したイエローキャブプラスは別資本で経営されており、この自己破産騒動とは一切無関係である。
引用元:イエローキャブ (芸能プロダクション) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%82%A8%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%96_(%E8%8A%B8%E8%83%BD%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%80%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3)

株式会社グリーンキャブ (Green Cab) は、東京都を拠点にハイヤー・タクシーと福祉車両、貸切バスを運行する事業者である。タクシー事業においては東都自動車グループ、日の丸自動車グループとともに都内準大手3社の一社とされる。
引用元:グリーンキャブ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%96