「新高円寺駅」「新宿三丁目駅」「国会議事堂前駅」


次の東京メトロ・丸ノ内線の
駅を、駅番号が小さい順に
選びなさい
新高円寺駅 
中野坂上駅 
新宿三丁目駅 
国会議事堂前駅 
東京駅 
本郷三丁目駅 
池袋駅
30%



引用元:丸ノ内線/M | 路線・駅の情報 | 東京メトロ http://www.tokyometro.jp/station/line_marunouchi/index.html

丸ノ内線(まるのうちせん)は、東京地下鉄(東京メトロ)が運営する鉄道路線。東京都豊島区の池袋駅 – 杉並区の荻窪駅間を結ぶ本線と、中野区の中野坂上駅 – 杉並区の方南町駅間を結ぶ分岐線(通称 方南町支線)から構成される。鉄道要覧における名称は4号線丸ノ内線および4号線丸ノ内線分岐線である。なお、新宿 – 荻窪間と中野坂上 – 方南町間は開業当時は荻窪線と呼ばれていた。
路線名の由来は、東京駅付近の地名である丸の内より。1970年の町名変更により千代田区の「丸ノ内」は「丸の内」と表記されるようになったが、地下鉄線の表記はそれ以降も「丸ノ内線」のまま変更されていない。
車体および路線図や乗り換え案内で使用されるラインカラーは「レッド」(赤)である。方南町支線の車両には誤乗車防止のため帯に「ブラック」(黒)が付加されている。路線記号は本線がM、方南町支線がMb[3](2016年11月中旬まではm[2])。
引用元:東京メトロ丸ノ内線 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E3%83%A1%E3%83%88%E3%83%AD%E4%B8%B8%E3%83%8E%E5%86%85%E7%B7%9A