「タップ・オシリス・マグナ」


次の文字列を順に選んで
クレオパトラの埋葬場所の発掘
調査が行われているエジプト
の古代神殿の名前にしなさい
タップ
オシリス
マグナ
「タップ・オシリス・マグナ神殿」
Taposiris Magna
33%

タップ・オシリス・マグナ神殿とは、エジプト、アレクサンドリア県にあるプトレマイオス朝時代の神殿跡である。

概要[編集]
紀元前280年から270年の間にファラオ・プトレマイオス2世によって建設された同じ場所に同じ名前の神殿と同様に都市の名前がある。プルタルコスによると、神殿はオシリスの墓を表している。アレクサンドロス大王が紀元前332年にエジプトを征服し、アレクサンドリア市を設立した後、タップ・オシリス・マグナの街はコーアックの宗教祭の中心になった。
引用元:タップ・オシリス・マグナ神殿 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%83%83%E3%83%97%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%82%B0%E3%83%8A%E7%A5%9E%E6%AE%BF

 古代エジプトの神殿跡からギリシャ人ファラオの頭部のない重厚な像が発見された。発掘調査の責任者によると、この地がマルクス・アントニウスとクレオパトラの眠る墓所であることを示す証拠が新たに加わったことになるという。 2人の墓を探すため、港湾都市アレクサンドリアの西約45キロに位置するタップ・オシリス・マグナ神殿の周辺でこれまで5年間に渡って調査が行われている。発見された像は黒花崗岩製で、頭部がない状態で高さが約1.8メートルある。像の台座近くで見つかった同じ材質の石に刻まれた“カルトゥーシュ”(王の名を記した枠)の名から、プトレマイオス4世の像と考えられている。プトレマイオス4世は、プトレマイオス朝時代(紀元前332~30年)にエジプトを治めたギリシャ人王族の1人だ。
引用元:ファラオ像発見、クレオパトラの墓か? | ナショナルジオグラフィック日本版サイト http://natgeo.nikkeibp.co.jp/nng/article/news/14/2713/