近畿地方「雄琴温泉」中部地方「下諏訪温泉」


次の温泉を地方ごとに
グループ分けしなさい

関東地方近畿地方中部地方
南紀白浜温泉
下諏訪温泉
勝浦温泉
雄琴温泉

077rhknrsypvax
次の鹿児島の島と
そこにある温泉の
正しい組み合わせを選びなさい
口永良部島───湯向温泉 ゆむぎおんせん
屋久島───平内海中温泉
硫黄島───坂本温泉


白峰温泉
門前温泉
片山津温泉
和倉温泉
山形県
兵庫県
新潟県
石川県(答)
引用元:口永良部島「湯向(ゆむぎ)温泉」屋久島「平内海中温泉」硫黄島(鹿児島)「坂本温泉」 http://seethefun.net/%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%95%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%AB/30216/


次の石川県の温泉と
それがある市の
正しい組み合わせを選びなさい
湯涌温泉───金沢市
和倉温泉───七尾市
山代温泉───加賀市
引用元:「湯桶温泉」金沢市「和倉温泉」七尾市「山代温泉」加賀市 http://seethefun.net/%E7%A4%BE%E4%BC%9A/33375/


山形県の温泉
はいからさんのカレーパン
TVドラマ『おしん』の舞台
漫画『ラブひな』のモデル
宝川温泉
尻焼温泉
金田一温泉
銀山温泉(答)


川沿いの巨大な露天風呂
摩訶の湯、子宝の湯
群馬県にある温泉
水上温泉郷の温泉
宝川温泉(答)

連想
群馬県の温泉
巨大露天風呂「川の湯」
長笹川沿いに位置
川底から湧き出す温泉
尻焼温泉(答)

連想
三浦哲郎の小説で有名
馬淵川
岩手県の温泉
「座敷わらし」の伝説
金田一温泉(答)


次のうち「奥州三名湯」といわれる温泉を全て選びなさい
鳴子温泉(答)
飯坂温泉(答)
秋保温泉(答)
金田一温泉
乳頭温泉
鎌先温泉

048aEuJRjV
安比温泉、金田一温泉といえば
どこの都道府県にある温泉?
岩手県をタッチ(答)

CIMG6515
湯田温泉峡 ゆだおんせんきょう
安比温泉 あっぴおんせん
繋温泉 つなぎおんせん
金田一温泉 きんたいちおんせん
岩手県(答)
宮城県
山形県
福島県
引用元:「岩手県」安比温泉 都道府県別源泉数順「大分県」「鹿児島県」(静岡県)「北海道」 温泉地順「北海道」「長野県」「新潟県」 http://seethefun.net/%E7%A4%BE%E4%BC%9A/15470/


座敷わらしで有名な岩手県
二戸市の温泉は◯◯◯温泉?
金田一
きんたいち(答)


東北地方で見られる、人が暮らす
母屋と馬屋がL字型に繋がって
いる住居を◯◯◯◯という?
ひらがな4文字で答えなさい
まがりや(答)
曲り家


次のうち
北海道にある温泉地を
全て選びなさい
たらポッキ温泉 青森県
虎杖浜温泉(答)こじょうはまおんせん
岩尾別温泉(答)いわおべつおんせん
層雲峡温泉(答)そううんきょうおんせん
鬼怒川温泉 栃木県


打吹公園(うつぶきこうえん)
二十世紀梨記念館
関金温泉(せきがねおんせん)
白壁土蔵群
鳥取市
倉吉市(答)
米子市
境港市

南紀白浜温泉(なんきしらはまおんせん)、もしくは白浜温泉(しらはまおんせん)は和歌山県西牟婁郡白浜町にある温泉である。かつては熱海温泉、別府温泉と並んで「日本三大温泉」と言われていた。温泉として非常に歴史が古く、日本三古湯のひとつに数えられ、古い文献では牟婁の湯と呼ばれていた。広義での白浜は温泉郷であり、さらに湯崎、大浦、古賀浦、綱不知、白浜、更に近年は東白浜、新白浜を加え7ヶ所の温泉地に細分できる。白良浜を中心に海岸沿いに温泉施設、宿泊施設が広がっており、周辺には多くの観光地もあるリゾートとなっている。 紀勢自動車道の南紀白浜インターチェンジ、や南紀白浜空港もあり遠方からの交通の便もよい。
引用元:南紀白浜温泉 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%97%E7%B4%80%E7%99%BD%E6%B5%9C%E6%B8%A9%E6%B3%89

下諏訪温泉(しもすわおんせん)は、長野県諏訪郡下諏訪町(旧国信濃国)にある温泉である。

>共同浴場旦過の湯の源泉は、鎌倉時代に寺湯として使われた歴史があることから、開湯はそれ以前と考えられる。
古くは全国の武士の尊崇を受ける諏訪大社の門前町として、また交通の要衝地として栄えた。江戸時代は五街道が整備され、中山道と甲州街道の交点の宿場町(下諏訪宿)として栄え、温泉のある宿場町として旅人の疲れを癒した。
明治維新後は製糸産業がこの地で勃興し、中山道を通じて上田や佐久方面、関東方面へ生糸が出荷され要衝地として繁栄した。旧宿場町においては、運送用の馬の足を癒した馬の足湯などがあったと言われ、湯量の豊富さが伺える。
1901年(明治34年)、中央本線の開通により交通の主役を譲り渡し、宿場町はその役割を終えた。しかし、現在では門前町と旧宿場町を併せ持つ古い温泉町という条件が揃っていることから、戦後のレジャーブームを挟んで観光地として注目を浴び、特に御柱祭の行われる年は多数の観光客が訪れている。
引用元:下諏訪温泉 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8B%E8%AB%8F%E8%A8%AA%E6%B8%A9%E6%B3%89

勝浦温泉(かつうらおんせん)は、千葉県勝浦市(旧国上総国)にある温泉。

>温泉街はなく、国道297号の付近に「勝浦温泉」という温泉宿が1軒存在する。近くには、「ニュー勝浦温泉オートキャンプ場」というキャンプ場もある。
日帰り入浴も、1軒宿の日帰り受付で可能である。
引用元:勝浦温泉 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8B%9D%E6%B5%A6%E6%B8%A9%E6%B3%89

雄琴温泉(おごとおんせん)は、滋賀県大津市(旧国近江国)の琵琶湖西岸にある温泉。最澄によって開かれたと伝えられる約1200年の歴史を持つ由緒ある温泉。滋賀県下最大の温泉地であり、2000年以降、地元観光協会などでは、平仮名表記の「おごと温泉」を標榜している(後述)[1]。
昭和40年代の一時期に歓楽温泉のイメージが強かったが、近年各旅館経営者の改善努力によって特に変化著しい温泉地の一つであり、着実に宿泊客が増えている[2][3]。2006年10月27日に第1回「地域ブランド」(地域団体商標)として認定されている。

引用元:雄琴温泉 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%84%E7%90%B4%E6%B8%A9%E6%B3%89