「ローガン山」カナダ最高峰 ユーコン準州

064kawMhZpRqD
ユーコン準州の南西端近くに
位置する、標高6050mとカナダ
最高峰であり、北米大陸第2の
高峰である山は◯◯◯◯山?
レトクマガ
シヌンロー
→ローガン
「ローガン山」

ローガン山(Mount Logan)またはローガンは、ユーコン準州にあるカナダの最高峰であり、またデナリ(マッキンリー)に次ぎ、北アメリカ大陸で二番目に高い山である。標高は5,959 m。世界で最も大きな山麓を持つといわれており、しかもその山麓は全て広大な氷河に覆われている。この特殊な立地条件のために、道路から見ることができず、ローガン山を見る為には、航空機を利用しての遊覧飛行する必要がある。
>ローガン山はユーコン準州の南西部、クルアニ国立公園・保護区内に位置する。ローガン山上および周辺部は極寒である。
引用元: ローガン山 – Wikipedia.

ユーコン準州(英: Yukon Territory、仏: Territoire du Yukon)は、カナダの準州の一つ。準州都はホワイトホース。
概ね直角三角形をしており、西側はアメリカ合衆国のアラスカ州と、東側はノースウェスト準州と、南側はブリティッシュコロンビア州とそれぞれ隣接している。また、北部の海岸はボーフォート海に面している。カナダ最高峰のローガン山(標高5,959m)が準州の南西部にある。
引用元: ユーコン準州 – Wikipedia.

連邦国家であるカナダは、10の州(プロヴィンス、province)と3つの準州(テリトリー、territory)で構成されている。
州と準州の違いは、連邦政府との関係にある。州政府と連邦政府は対等の関係にあり、その権限の分配については憲法(旧英領北アメリカ法)で定められている。一方、準州は連邦直轄領とされ、連邦議会が定めた連邦法に基づき、連邦政府のコントロールの下で自治権が認められている。
引用元: カナダの州 – Wikipedia.