ベルギー国家『ラ・ブラバンソンヌ』



『ラ・マルセイエーズ』と
いえば、フランスの国家ですが

『ラ・ブラバンソンヌ』と
いえば、どこの国の国家?
カタカナで答えなさい
ベルギー(答)
55%

393BTnEXWOdjI
ベルギーはどこ?
(画像出題)

014drfaZgGbKz
リュクサンブール州
リエージュ州
アントワープ州
東フランダース州
(画像選択肢)
Aの画像 オーストリア国旗
Bの画像 ベルギー国旗(答)
Cの画像 オランダ国旗
Dの画像 ドイツ国旗
引用元:「ベルギー」白耳義 オランダの下 首都ブリュッセル 「リュクサンブール州」「リエージュ州」 「トリパルタイト」ベルギー・オランダ・フランス共同開発の掃海艇 http://seethefun.net/%e7%a4%be%e4%bc%9a/13567/

「ブラバントの歌」(ブラバントのうた、オランダ語: De Brabançonne, フランス語: La Brabançonne, ドイツ語: Das Lied von Brabant)はベルギーの国歌。フランス語の題名から「ラ・ブラバンソンヌ」とも呼ばれる。ブラバントとは、ブリュッセルのあるベルギー中部地方である。国がフランデレン地域とワロン地域に分かれており、オランダ語、フランス語、ドイツ語の3つを公用語とすることから、歌詞も3つの言語版がある。
ジュネヴァル(Jenneval, 本名:ルイ=アレクサンドル・ドゥシェ/Louis-Alexandre Dechet)作詞、フランソワ・ヴァン・カンペヌー (François van Campenhout) 作曲。
引用元:ブラバントの歌 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%90%E3%83%B3%E3%83%88%E3%81%AE%E6%AD%8C

フランス国歌「ラ・マルセイエーズ」に対し、ベルギー国歌は「ラ・ブラバンソンヌ」La Brabançonne と呼ばれる。

「ブラバンソンヌ」とは「ブラバント地方の(歌)」という意味(名詞「歌」の省略)。ただし、オランダ語でもドイツ語でも英語でも、(定冠詞 La を自国語に置きかえたうえで)Brabançonne というフランス語はそのままの形で使われ、この語は一種の固有名詞(外来語)と受け止められているので、日本語でも「(ラ・)ブラバンソンヌ」と呼ぶべきであり、「ブラバントの歌」と「訳す」のはおかしい(ラ・マルセイエーズを「マルセイユの歌」と「訳」したりしないのと同様)。
 ラ・ブラバンソンヌは、1830年のベルギー独立革命のときに作られて以来、何度か作り変えられ、1860年に現代と同じ形になった。第一次世界大戦中も盛んに歌われた。
 19世紀まではフランス語だけが唯一ベルギーの公用語だったこともあり、歌詞はもともとフランス語で書かれた。ドイツ語版とオランダ語版は、メロディーに乗せやすいように比較的自由にフランス語から訳されたものである。
引用元:ベルギー国歌ラ・ブラバンソンヌの日本語訳 Traduction japonaise de la Brabançonne – 葉書で読みとくフランスの第一次世界大戦 http://cartespostales.kitakama-france.com/index.php?%E3%83%99%E3%83%AB%E3%82%AE%E3%83%BC%E5%9B%BD%E6%AD%8C%E3%83%A9%E3%83%BB%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%90%E3%83%B3%E3%82%BD%E3%83%B3%E3%83%8C