「ドレッド」・スコット判決


1857年にアメリカ最高裁判所が
下した、奴隷制が合法であると
した判決を訴えた奴隷の名前から
◯◯◯◯・スコット判決という?
ルフバスケ
レッイドマ
ドレッド(答)
「ドレッド・スコット判決」
31%

CIMG6142
「よいインディアンとは、
死んだインディアンの事だ」と
いう言葉を残した、南北戦争で
活躍したアメリカの軍人は?
キョリソン
フェイッド
シャムダム
シェリダン(答)
Philip Henry Sheridan
引用元:「ヘイティキ」hei-tiki「マオリ族の胸飾り」 「ネエシュジャア」Na’ushjaa?「ナバホ族神話に登場する賢者フクロウ」 「シェリダン」「良いインディアンは死んだインディアンの事だ」 「テカムセの呪い」大統領が在職中に死亡している呪い 「ビリー・ゴートの呪い」シカゴ・カブス「リグレー・フィールド」 http://seethefun.net/%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84/9609/

ドレッド・スコット対サンフォード事件(英:Dred Scott v. Sandford、またはDred Scott Case、またはDred Scott Decision)は、1857年にアメリカ合衆国最高裁判所で判決が下された、アメリカ合衆国の歴史の中でも転換点となった事件である。この判決は、アフリカ人の子孫が奴隷であるか否かに拘らず、アメリカ合衆国の市民にはなれないとし、アメリカ合衆国議会は連邦の領土内で奴隷制を禁じる権限がないとした。判決主文は最高裁長官のロジャー・トーニーによって書かれた。
この判決は、いわゆる「血を流すカンザス」紛争の「ボーダー・ラフィアンズ(英語版)」[2]側の肩を持ったことになった。ボーダー・ラフィアンズたちはカンザスが自由州になるとミズーリ州からの逃亡奴隷にとって天国になることを恐れていた。判決は奴隷制度廃止運動家を激怒させた。奴隷制に関する論議を二極化することは南北戦争に導く大きな要因になったと考えられている。1850年は逃亡奴隷取締法が罰則付きで強化された年であり、奴隷制に関する対立は激化していた。
この判決の一部は、アフリカ系アメリカ人の市民権と諸権利を扱っているが、後にアメリカ合衆国憲法修正第13条と第14条で覆されることになった。
引用元:ドレッド・スコット対サンフォード事件 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%82%B3%E3%83%83%E3%83%88%E5%AF%BE%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%89%E4%BA%8B%E4%BB%B6

ドレッド・スコット判決
どれっどすこっとはんけつ

アメリカの連邦最高裁判所が1857年に下した奴隷制支持の判決。奴隷であったスコットDred Scott(1795ころ―1858)をめぐる裁判で、彼が合衆国市民でもミズーリ州の市民でもなく、連邦裁判所に訴える権利はなく、また北緯36度30分以北における奴隷制を禁止したミズーリ互譲法Missouri Compromise Actは違憲、無効である、という内容のものであった。
 ミズーリ州の陸軍軍医の奴隷スコットは、1834年に主人とともにイリノイ州へ移ったが、さらに36年ルイジアナ準州へ、そして38年にふたたびミズーリ州へ戻った。その間、彼の主人は、軍医の未亡人、ついでニューヨーク州のサンドフォードSandfordに変わった。このサンドフォードによって加えられた暴行に対し、スコットは、自由州での居住により自由人となり奴隷ではないから、暴力による侵害が成立するとして損害賠償を求め、提訴していた。南北戦争前夜に下された、奴隷制を積極的に支持する形のこの判決は、アメリカ史のなかでも汚点を残した判決の一つである。しかし、この判決は南北戦争後の憲法修正(1866)によって否定された。[上田伝明]
引用元:ドレッド・スコット判決(ドレッド・スコットはんけつ)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%83%89%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%82%B3%E3%83%83%E3%83%88%E5%88%A4%E6%B1%BA-106835

1857年、アメリカ合衆国の連邦最高裁判所がミズーリ協定を憲法違反とし、自由州での奴隷所有を認めた判決。カンザス・ネブラスカ法とともに奴隷制拡大派の民主党の主張に沿ったものであったので、奴隷制度に反対する勢力が反発し、共和党に結集、南北戦争への引き金となった。

 アメリカ合衆国における黒人奴隷制をめぐる賛成派と反対派の激しい論争となり、南北戦争への引き金の一つとなった裁判の判決であった。
 ドレッド=スコットとは黒人奴隷の名で、彼は所有者に連れられて自由州であるイリノイや、ミズーリ協定で奴隷制が禁止されたミネソタ准州に住んだことがあることから、自由の身となったとして、裁判に訴えた。最高裁判所まで持ち込まれ、1857年に最高裁の判決が出されたが、それは次の三つの理由により、却下されるというものであった。
1.黒人は合衆国の市民となることはできない。したがって、彼は連邦裁判所に訴訟を起こす権利がない。
2.彼はミズーリ州(奴隷州)の居住者であり、いかなるイリノイ州(自由州)の法律の適用も受けない。
3.彼が北緯36度30分以北の地に住んだとしても、自由になることはできない。なんとなれば、連邦議会は合衆国の準州に奴隷制を禁止する権限を持たないからである。
 この判決は、アメリカ合衆国憲法はもともと黒人を市民と認めていないから黒人には提訴権がないし、ミズーリ協定は奴隷所有者の財産権を侵害するもので憲法違反であるとして、スコットの訴えを全面的に否定して自由を認めなかった。つまり、黒人は人間ではなく財産に過ぎないというのが最高裁の判決であった。

>奴隷制拡大に対する批判が強まり、1859年には白人の急進的な奴隷制即時廃止論者が黒人奴隷とともに反乱を起こすというジョン=ブラウンの蜂起が起こった。翌1860年の大統領選挙では共和党のリンカンが当選、それに対して南部諸州は危機感を強めて合衆国から分離し、アメリカ連合国を結成、アメリカは南北に分裂して南北戦争に突入することとなる。
引用元:ドレッド=スコット判決 http://www.y-history.net/appendix/wh1203-045_1.html