「イラン」イスファハンのイマーム広場


世界遺産に登録されている
イスファハンのイマーム広場が
位置する国はイラクである
×(答)
◯「イラン」
67%

イマーム広場(-ひろば)はイランのエスファハーンにある広場。
まわりを青を基調とした精密なアラベスク模様のタイルで覆われた荘厳なモスクや宮殿によって囲まれていることから、かつては「ここには世界の半分がある」とも言われた。
ユネスコの世界遺産に登録されている。

>このイマーム広場は、かつて「メイダーネ・シャー ميدان شاه Meydān-e Shāh 」(王の広場)と呼ばれ、正式名称は「メイダーネ・ナクシェ・ジャハーン میدان نقش جهان Meydān-e naqsh-e jahān」(世界の肖像の広場)である。1598年、首都をイスファハンへ移したサファヴィー朝のシャー・アッバース1世は、大規模な都市計画にもとづいて新しい市街を旧市街の西南方に建設しはじめた。その中核となったのが、広場である。
引用元:イマーム広場 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%A0%E5%BA%83%E5%A0%B4

イスファハンのイマームひろば【イスファハンのイマーム広場】

1979年に登録されたイランの世界遺産(文化遺産)。テヘランの南400kmに位置する。16~18世紀前半にかけて現在のイランを中心にこの地を支配したイスラム王朝(サファビー朝)のアッバース1世が、1598年にイスファハンを首都と定めた。1612年に造ったイマーム広場(旧・王の広場、510m×160m)の周囲には、青を基調とした精密なアラベスク模様のタイルで覆われた壮麗なマスジッド・シャー・モスクや、アリ・カプ宮殿、シェイク・ロトフォッラー・モスクなど多数の歴史的建造物が立ち並び、「イスファハンには世界の半分がある」といわれるほどの権勢を誇った。人類の歴史上、重要な時代を例証するものとして世界遺産に登録された。◇英名はMeidan Emam, Esfahan
引用元:イスファハンのイマーム広場(イスファハンのイマームひろば)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%81%AE%E3%82%A4%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%A0%E5%BA%83%E5%A0%B4-1496627