飛行機発明家「ヘンソン」「ストリングフェロー」「マリオット」「モンゴメリー」

099kbyORbk
次のうち、ライト兄弟以前に
飛行機の発明を試みた発明家を
全て選びなさい
クリストファー・コッカレル ホバークラフト
フレデリック・マリオット(答)
ジョン・ケイ 飛び杼
27%
CIMG0830jMyGMuklEBys
次のうち、ライト兄弟以前に
飛行機の発明を試みた発明家を
全て選びなさい
トーマス・セイヴァリ  蒸気機関
ウィリアム・ヘンソン(答)
ジェームス・スターレー  自転車
ジョン・ジョセフ・モンゴメリー(答)
フレデリック・マリオット(答)
ジョン・ストリングフェロー(答)
ジョン・ケイ  飛び杼
エリアス・ハウ ミシン

023jHZDLLeCBK
現在はライト・パターソン空軍基地
の敷地内にある、ライト兄弟が
飛行活動の拠点とした草原を
なんという?
レマフリーハンープ
ハフマンプレーリー(答)

ハフマンプレーリー (現地ではHuffman Prairie Flying FieldまたはHuffman Prairie) はライト兄弟が飛行活動の拠点とした、「世界で最初の空港」である[3]。デイトン (オハイオ州)都市圏にあり[1]ハフマンプレーリーはアメリカ合衆国の史跡指定(National HIstoric Landmark)を1990年に受けている[4]。
>現在ハフマンプレーリーはライトパターソン空軍基地の敷地内にあるが史跡として日本人も含め一般の自家用車でのアクセスが可能である(衛星写真)[2]。
引用元: ハフマンプレーリー – Wikipedia.

ライト兄弟(ライトきょうだい)は、アメリカ出身の動力飛行機の発明者[1]で世界初の飛行機パイロット。世界最先端のグライダーパイロットでもあった。自転車屋[2]をしながら兄弟で研究を続け、1903年に飛行機による有人動力飛行に世界で初めて成功した。
>兄弟は生涯の大部分をデイトンで過ごした。グライダー実験と最初の動力飛行をノースカロライナ州キルデビルヒルズで済ませた後の飛行活動は、現在ライト・パターソン空軍基地の敷地内にあるハフマンプレーリー(一般見学可能)を中心に行われた。だがウィルバーの晩年には再びキルデビルヒルズで実験を行っている。
引用元: ライト兄弟 – Wikipedia.

>…でも、空を飛ぶ夢を捨てきれずに、夢に終わらせないように、飛行を研究し実験を重ねる男達がいたのです。ライト兄弟だけでなく。みんな、鳥になる方法を考えていました。
そんな航空史に残る偉大なロマンティストを以下に紹介しましょう。(ライト兄弟の歴史に何らかの関係のある人々を中心にしてます。お誕生日順です。)…
引用元: 翼を夢見た男達.

ウィリアム・サミュエル・ヘンソン(William Samuel Henson 、1812年5月3日 – 1888年)、通称「狂人」ヘンソン(”Mad-man” Henson )、はイギリス生まれの発明家である(後半生はアメリカに居住)。ライト兄弟以前の航空パイオニアの1人として知られる。彼が1840年代に構想した「空中蒸気車」は固定翼、推進力、降着装置、尾翼など後世の飛行機の特徴の大方を備えた先駆的なものであった(固定翼と動力を実地に組み合わせようとしたのはヘンソンが史上初である[1])が、その反面で技術的な現実性に欠け、また資金難という事情もあって実機は構想のみに留まった。
引用元: ウィリアム・ヘンソン – Wikipedia.

ジョン・ジョセフ・モンゴメリー(John Joseph Montgomery 、1858年2月15日 – 1911年10月31日)はアメリカ合衆国の航空の先駆者で、アメリカで最初のグライダー飛行を行なった。サンタ・クララ・カレッジの教授で航空の関する論文を執筆した。
引用元: ジョン・ジョセフ・モンゴメリー – Wikipedia.

フレデリック・マリオット(Frederick Marriott 、1804年 – 1884年)はイギリス生まれの発明家で、1869年にアメリカ合衆国で航空輸送会社を作ろうとして蒸気動力の飛行船の模型”Hermes Avitor Jr.”を飛ばして見せた人物である。これはアメリカにおける初の無人動力飛行である。
1841年には、ロンドンでウィリアム・ヘンソン、ジョン・ストリングフェローとともに「空中輸送会社」(Aerial Transit Company )の役員会のメンバーであり、ヘンソンの空中蒸気車の宣伝を担当した。彼らの航空機の構想は大衆を想像力を引き付けたが、大型模型実験の失敗により資金不足となり会社は解散し、マリオットは1849年にゴールド・ラッシュに沸くアメリカのカリフォルニアに移住した。
引用元: フレデリック・マリオット – Wikipedia.

ジョン・ストリングフェロー(John Stringfellow 、1799年 – 1883年12月13日)は、イギリスの発明家。ウィリアム・ヘンソンの「空中蒸気車」計画の協力者として知られる。
>ストリングフェローは、ヘンソンが飛行機械開発を断念した後も独自に研究を続け、1848年にチャードの廃工場にて、蒸気機関を積んだ単葉の模型飛行機(右図。翼幅3.2m[1])をわずか10ft(3m)だが飛ばすことに成功した。[2]このときは、天井に張られたワイヤのランナーに懸垂されて滑走し、その端から飛行し、カンバスシートに着陸した[3])(ただしこの実験を失敗と見なす資料[1]や、現存する機体から推測される揚力の不足から成功の報告に疑問を投じる資料[4]もある)
引用元: ジョン・ストリングフェロー – Wikipedia.