「コンドリーザ・ライス」元国家安全保障会議ソ連東欧部長、スタンフォード大事務局長


元国家安全保障会議東欧ソ連部長
1993年スタンフォード大事務局長
2001年国家安全保障補佐官に就任
2005年黒人女性初の国務長官に
ジョン・スノー
ドナルド・ラムズフェルド
コリン・パウエル
コンドリーザ・ライス(答)
60%

コンドリーザ・ライス(Condoleezza Rice、1954年11月14日 – )は、アメリカ合衆国の政治家、政治学者。学位はPh.D.(政治学)(デンバー大学・1981年)。愛称はコンディ(Condi)。
国家安全保障問題担当大統領補佐官(第20代)、国務長官(第66代)などを歴任した。現在は、スタンフォード大学教授(政治学)、同大学フーヴァー研究所上級フェローを務めている。

大統領ジョージ・ウォーカー・ブッシュのもとで国家安全保障問題担当大統領補佐官(第20代)や国務長官を歴任した。政治学の博士号をもち、スタンフォード大学教授。シェブロン元取締役[1]。
2004年11月にブッシュは国務長官としてコリン・パウエルの後任にライスを指名した。2005年1月26日に上院は賛成85対反対13で彼女の指名を承認し、彼女は同日宣誓した。アフリカ系アメリカ人の女性としては初の国務長官(アフリカ系アメリカ人としてはコリン・パウエルに続くふたり目、女性としてはマデレーン・オルブライトに続くふたり目)である。またブッシュ大統領の第一期目ではアフリカ系アメリカ人および女性として初の国家安全保障担当大統領補佐官を務めており、『フォーブス』2005年版「世界最強の女性」では1位になっている。
引用元:コンドリーザ・ライス – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B6%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%B9

コンドリーザ ライス
Condoleezza Rice

国籍米国
専門国際政治学者
肩書スタンフォード大学フーバー研究所上級研究員 米国国務長官;米国大統領補佐官(国家安全保障担当)
生年月日1954/11/14
出生地米国 アラバマ州バーミンガム
学歴デンバー大学〔1974年〕卒;ノートルダム大学大学院〔1975年〕修士課程修了
学位Ph.D.(デンバー大学)〔1981年〕
経歴アフリカ系。人種差別が激しかったアラバマ州に生まれるが、父は牧師、母は音楽教師という恵まれた家庭に育つ。ピアニストを目指したが、15歳でデンバー大学に飛び級入学し音楽を専攻する。そこでチェコの亡命外交官だったオルブライト元国務長官の父、ジョセフ・コルベル教授に出会い、外交専門家の道に進む。1981年からスタンフォード大学教授を務め、レーガン政権下の’86年米国国防総省統合参謀本部に勤務。’89〜91年ブッシュ政権の国家安全保障会議(NSC)ソ連・東欧担当上級部長。’91年スタンフォード大学に戻り最年少、女性初、白人以外初の同大事務局長に。’98年ブッシュJr.テキサス州知事の外交顧問を務める。2001年1月ブッシュJr.大統領就任に伴い、アフリカ系女性として初めて国家安全保障担当の大統領補佐官に就任。ブッシュ政権の外交政策の最高責任者として同時多発テロ事件後のアフガニスタン戦争やイラク戦争などを強硬に推進した。2004年11月パウエル国務長官の辞任を受けアフリカ系女性として初めて国務長官に指名され、2005年1月就任。2009年1月退任。2009年よりスタンフォード大学フーバー研究所公共政策上級研究員兼政治科学教授。自他ともに認める欧州・ロシア通として知られる。著書に「Uncertain Allegiance:The Soviet Union and the Czechoslovak Army」(1984年)、「Extraordinary People:A Memoir of Family」(2010年)など。
引用元:コンドリーザ ライスとは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B6+%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%B9-1687864