いおうとりしま硫黄鳥島 沖縄県最北端の活火山


徳之島の西の海上にある
沖縄県最北端の島
いおうとりしま(答)
「硫黄鳥島」

硫黄鳥島(いおうとりしま)は、沖縄県における最北端の島で[1]、同県に属する唯一の活火山島である[2][注 1]。
14世紀後半から明王朝へ進貢する硫黄の産地として知られ、琉球王国が滅亡する19世紀中頃まで、琉球と明・清朝の朝貢関係を繋ぐ重要な島であった[4]。1903年の久米島移住後も硫黄採掘が行われたが[5]、1959年の噴火により住民は島外へ移住、1967年にも採掘従事者も撤退し、それ以降は完全な無人島となった[6]。沖縄県に属する島では、特異な歴史を有する島である[4]。
引用元:硫黄鳥島 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A1%AB%E9%BB%84%E9%B3%A5%E5%B3%B6

硫黄鳥島
いおうとりしま

別称鳥島。鹿児島県奄美群島中で沖縄県に属する唯一の島。県の最北端にあり,久米島の久米島町に属する。那覇市の北方約 190km,徳之島西方約 60kmの東シナ海に浮ぶ火山島で,県内唯一の活火山であり,長く硫黄を産したが,20世紀初頭以来のたびたびの噴火により現在は無人島。
引用元:硫黄鳥島(いおうとりしま)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E7%A1%AB%E9%BB%84%E9%B3%A5%E5%B3%B6-29951