松下康雄、速水優、福井俊彦、白川方明


次の人物を、日本銀行総裁を
務めた順に選びなさい
松下康雄 1994-1998
速水優(まさる) 1998-2003
福井俊彦 2003-2008
白川方明(まさあき) 2008-2013
33%


次の財界人を、日本銀行総裁に
就任した順に選びなさい
三重野康
松下康雄
速水優

051KGfFDuD
次の日本の国債のうち、利回りが
マイナスを記録したことが
あるものを全て選びなさい
30年国債
10年国債(答)
20年国債(答)
40年国債
引用元:「10年国債」「20年国債」マイナス利回りを記録 http://seethefun.net/%E7%A4%BE%E4%BC%9A/28012/

CIMG7135kyDuATaDfQHF
次の人物を
肖像画使われた紙幣の
金額が高い順に選びなさい
(画像選択肢)
Bの画像 福沢諭吉   10000
Aの画像 伊藤博文   1000
Dの画像 岩倉具視   500
Cの画像 板垣退助   100
引用元:山内豊信(とよしげ)「土佐藩」 新選組の隊員(肖像写真)土方歳三 近藤勇「紙幣の肖像」福沢諭吉 伊藤博文 板垣退助 岩倉具視「大政奉還」山内豊信 http://seethefun.net/%E6%96%87%E7%B3%BB%E5%AD%A6%E5%95%8F/2368/

日本銀行(にっぽんぎんこう、にほんぎんこう、英語: Bank of Japan)は、日本銀行法(平成9年6月18日法律第89号)に基づく財務省所管の認可法人(財務省設置法4条59号)であり、日本国の中央銀行である。略称は日銀(にちぎん)。日本銀行の読みは、正式な読み方は存在していないが、日本銀行内では「にっぽんぎんこう」と呼ぶ事とされており、日本銀行券でのローマ字表記もNIPPON GINKOとなっている[1][2]。なお、国会では、従来の読み方である「にほんぎんこう」が使用されている。
引用元:日本銀行 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E9%8A%80%E8%A1%8C#.E6.AD.B4.E4.BB.A3.E6.97.A5.E6.9C.AC.E9.8A.80.E8.A1.8C.E7.B7.8F.E8.A3.81

松下 康雄(まつした やすお、1926年1月1日 -)は、兵庫県神戸市出身の第27代日本銀行総裁。元大蔵事務次官。

日本銀行総裁としての松下は、バブル経済崩壊後の経済再建という難しい舵取りを迫られた。折からの日米経済摩擦による超円高、国内金融機関の腐敗と累積する不良債権、そして忍び寄るデフレ経済の影等、松下が取り組むべき課題は、過去に類例を見ない厳しいものであった。そうした状況下において、松下は、かつて太陽神戸銀行の頭取として銀行大合併をやってのけた時のような辣腕を振るうことは出来ず、結局、更なる不良債権の累増と、デフレ経済への突入を許してしまった。その上、在任中は大蔵省接待汚職事件のスキャンダルに見舞われ、最後はその責を問われる形で、福井俊彦日銀副総裁と共に職を辞した。
引用元:松下康雄 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BE%E4%B8%8B%E5%BA%B7%E9%9B%84

速水 優(はやみ まさる、1925年3月24日 – 2009年5月16日)は日本の銀行家である。称号は名誉法学博士(LLD・聖学院大学)。
日商岩井株式会社社長、社団法人経済同友会代表幹事、学校法人東京女子大学理事長、第28代日本銀行総裁などを歴任した。

一連の大蔵省・日銀スキャンダルの責任を負って1998年、当時の日本銀行総裁松下康雄と同副総裁福井俊彦が退任。内閣総理大臣橋本龍太郎から日本銀行の後継総裁としての指名を受け、1998年3月に日銀総裁に就任。「日本発の世界恐慌」の不安が喧伝されていた金融危機や、進行中だった金融ビッグバンへの対処が求められる中、国際派としての経験が買われたものだが、古巣を離れて以来約17年振りの復帰は驚きを与えた。総裁就任にあたっては保有していた日商岩井株をすべて財団に寄付している。
引用元:速水優 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%80%9F%E6%B0%B4%E5%84%AA

福井 俊彦(ふくい としひこ、1935年9月7日 – )は、大阪府大阪市出身の日本の銀行家。一般財団法人キヤノングローバル戦略研究所理事長。
日本銀行副総裁、株式会社富士通総研理事長、社団法人経済同友会副代表幹事、第29代日本銀行総裁などを歴任した。

松下総裁の後任として日銀プロパーの速水優が就いた為、一時は福井総裁誕生の可能性が薄らいだが折りしも中央銀行の独立性の確保の為に新日銀法が制定され、大蔵省・日銀間のたすきがけ人事の慣行が廃止されることになり、新日銀法の制定に尽力すると同時に、行政・立法府との調整力のあった福井氏が再び総裁候補として浮上した。2003年、小泉総理官邸は複数の候補者のなかで日銀国際派エースでOECD副事務総長だった重原久美春を隠れた最有力候補にしていた(「選択」2003年6月号)が、結局、財界などからの支持を得た福井総裁の誕生となった。この時、イギリスのフィナンシャルタイムズ紙(2003年2月25日号)は「小泉の小心(Koizumi’s Timidity)」と題する社説において、意中の人であった重原の総裁就任に抵抗した既成勢力の圧力に屈した小泉を批判した。直後にイラク戦争が発生し、国際情勢が混迷を極めていた中での就任となった。
引用元:福井俊彦 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A6%8F%E4%BA%95%E4%BF%8A%E5%BD%A6

白川 方明(しらかわ まさあき、1949年(昭和24年)9月27日 – )は、日本の中央銀行家、経済学者(金融政策・決済システム)。2008年(平成20年)に、第30代日本銀行総裁。
学位は経済学修士(シカゴ大学)。日本銀行審議役、日本銀行理事、京都大学大学院公共政策教育部教授、東京大学金融教育研究センター客員研究員等を歴任した。日本銀行総裁退任後、2013年9月1日付で、青山学院大学国際政治経済学部特任教授に就任[1]。
日銀総裁時代の業務に関しては、デフレーション脱却のための量的金融緩和政策に対して消極的であったため、日本経済が弱体化し、為替政策では前例のない超円高の状態を引き起こし、総合的な結果として日本国民を苦しめたという論評[2]など、批判的な評価が多く見受けられる(後述)。2013年1月、白川総裁まで長く続いてきた日本銀行の体制は、安倍晋三首相のデフレーション脱却の強い意向により大きく刷新され始めた。
引用元:白川方明 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BD%E5%B7%9D%E6%96%B9%E6%98%8E