「ラシュトラパティ・バワン」インドの大統領官邸


かつては英領総統府として使用
されていた,ニューデリーにある
インドの大統領官邸は
◯◯◯◯◯◯◯◯・バワン?
ュラシパィラトテ
ラシュトラパティ(答)
「ラシュトラパティ・バワン」
Rashtrapati Bhavan
11%

大統領官邸 (ラシュトラパティ バワン)
インドの大統領官邸は細部まで手の込んだ世界最大規模の建物で、ムガール建築と西洋建築の融合が見られます。
国家元首の公邸としては世界最大規模を誇る、ニューデリーのインド大統領官邸 (ラシュトラパティ バワン)。4 階建てで床面積が 19 平方 km (20 万平方フィート)、部屋の総数は 340 室というこの建物は、街の中心部に 130 ヘクタール (320 エーカー) もの広さを占め、ムガール様式と西洋の伝統的な建築様式が入り混じった建築スタイルが、非常に魅力的です。

この豪華な建物は、イギリスの建築家の設計でもともとインド総督府として建てられ、イギリスの東洋支配の不変性を象徴することが意図されていました。英領から独立後の 1950 年に、初代のインド大統領がここに入居し、建物は「ラシュトラパティ バワン」と改名されました。
引用元:ラッシュトラパティ バワン / デリー旅行|エクスペディア https://www.expedia.co.jp/Rashtrapati-Bhavan-New-Delhi.d6074810.Place-To-Visit

ラージェーンドラ・プラサード(ヒンディー語: डा॰ राजेन्द्र प्रसाद, 英語: Rajendra Prasad、1884年12月3日 – 1963年2月28日)はインドの初代大統領。通称プラサド博士
引用元:ラージェーンドラ・プラサード – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%BB%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%89

The Rashtrapati Bhavan (About this sound pronunciation (help·info), “rásh-tra-pa-ti hav-on” ; Presidential Residence”), formerly known as Viceroy’s House, is the official home of the President of India, located at the Western end of Rajpath in New Delhi, India. It may refer to only the mansion (the 340-room main building) that has the president’s official residence, halls, guest rooms and offices; it may also refer to the entire 130-hectare (320 acre) President Estate that additionally includes huge presidential gardens (Mughal Gardens), large open spaces, residences of bodyguards and staff, stables, other offices and utilities within its perimeter walls. In terms of area, it is the largest residence of a head of country in the world.[citation needed]
引用元:Rashtrapati Bhavan – Wikipedia https://en.wikipedia.org/wiki/Rashtrapati_Bhavan

(フランス)エリゼ宮殿

1718年にパリに完成。エヴォール伯爵のために建設され、その後、ルイ15世の公妾やナポレオンの最初の妻が住みました。1873年から大統領官邸として使用されています。

アルボラーダ宮殿(ブラジル)

1960年4月に計画都市ブラジリアに完成。デザインはブラジルの建築家オスカー・ニーマイヤー。

カサ・ロサダ(アルゼンチン)

1878にブエノスアイレスに完成。スペイン語で「ピンク色の家」を意味している通り、ピンク色の建物になっています。

クイリナーレ宮殿(イタリア)

1583年にローマに完成。当時の教皇グレゴリウス13世の夏の住居として建築され、教皇選挙「コンクラーヴェ」も4回行われています。その後イタリア王国の公式宮殿として使用され、1946年に王政が廃止され大統領官邸となっています。

ラシュトラパティ・バワン(インド)

1929年にニューデリーに完成。独立以前は英領総統府として使用されいました。大統領官邸としては世界で最も広大な敷地(19キロ平方キロメートル)と言われています。またインドは日本と同じ議院内閣制であり、大統領は象徴的な存在となっています。

ベルビュー宮殿(ドイツ)

1786年にベルリンに完成。1994年より大統領官邸として使用されています。また現在のドイツ連邦大統領は政治的に中立であり、その権力も中立的権力に留められています。

ベッサスタージル(アイスランド)

1760年代に首都レイキャビック近郊のアゥルタネース半島に現在の元となる建物が完成。その後、学校や農地となり、1940年代にシグルズル・ヨナソン・ベッサスタージルによって大統領に寄進されました。

ベレン宮殿(ポルトガル)

1753年に貴族の別荘として首都リスボンに完成。ちなみにベレンとはポルトガル語でパレスチナ自治区の都市「ベツレヘム」を意味します。

引用元:豪壮にして華麗、非常に美しく歴史のある世界各国の大統領官邸いろいろ – DNA http://dailynewsagency.com/2012/11/09/the-most-beautiful-presidential-homes-in-the-x6y/