「大峯奥駈道」大峰山脈を縦走する修験道


奈良県の吉野山と和歌山県の
熊野三山を結んでいる
修験道の修行場として
開かれた道を何という?
峯道駈奥大
大峯奥駈道(答)
おおみねおくがけみち
19%

大峯奥駈道(おおみねおくがけみち)は、吉野と熊野を結ぶ大峯山を縦走する、修験道の修行の道。
2002年(平成14年)12月19日、国の史跡「大峯奥駈道」として指定された[1]。ユネスコの世界遺産『紀伊山地の霊場と参詣道』(2004年〈平成16年〉7月登録)の一部[2]。

>大峯奥駈道は、奈良吉野山と熊野三山を結ぶ、もとは修験道の修行場として開かれた道であり、熊野古道の中で最も険阻なルートをなす。今日、一般的に大峰山(大峯山)といえば山上ヶ岳を指すが、大峯奥駈道でいう「大峯」とは、吉野から山上ヶ岳を経てさらに奥の山々、そして最終的には熊野三山に至る大峰山脈を縦走する修行の道全体を指している。
大峯奥駈[編集]
大峯奥駈とは本来、大峯山寺より奥の「靡」に進むことを奥駈と云われていた。修行場は「靡」(なびき)と呼ばれ、ひとつひとつに番号が割り当てられている。すなわち、熊野本宮大社の本宮証誠殿(1番)にはじまり、吉野川河岸の柳の宿(75番)に終わる。この大峯七十五靡は75箇所を数えるが、これは歴史的に整理されてきた結果であり、もっと多くの靡が設けられていた時期もある。
江戸時代の紀州藩の宗教政策や明治時代の修験道禁止令以降、奥駈道の水場に乏しい南部は荒廃し忘れ去られた。しかし1980年以降の前田勇一たちの活動と、これを引き継いだ新宮山彦ぐるーぷなどの尽力により、持経宿、行仙宿、平治宿に山小屋が建てられ、南奥駈道は再興された。
引用元:大峯奥駈道 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%B3%AF%E5%A5%A5%E9%A7%88%E9%81%93

大峯奥駈道は、「修験道(しゅげんどう)の開祖」役の行者(えんのぎょうじゃ)(役小角えんのおづの)によってひらかれた1300年の伝統をもつ山岳信仰の聖なる道です。
吉野と熊野の聖地を結ぶ約170kmに及ぶ標高1200m~1900mの急峻な山岳が連なる大峯山脈の尾根を沿うようにして続く極めて過酷な精神修行の場です。
大峯奥駈道には、大峯七十五靡(なびき)と呼ばれる神仏が宿るとされた拝所・行場が遺跡として残り、祠(ほこら)や仏像などは良好な状態で保存・管理されています。
1番目は熊野本宮大社の本宮証誠殿はじまり、最後の75番目は吉野川の柳の宿になります。
引用元:【十津川村観光協会】 世界遺産「大峯奥駈道」 http://totsukawa.info/joho/world_heritage/oomine_okugake_miti.html

奈良県五條市と吉野郡吉野町・黒滝村・川上村・天川村・上北山村・下北山村・十津川村、和歌山県田辺市・新宮市にわたって所在する道。吉野山と熊野三山の二大聖地を結ぶ修行道で、熊野参詣道の一つ。標高1200mから1900mの山々が連なる大峰山脈の主稜線を通る約170kmに及ぶ山岳道であり、熊野古道の中で最も険阻なルートとされる。わが国の修験道の歴史を考えるうえで重要とされ、2002年(平成14)に国の史跡に指定された。2004年(平成16)には「紀伊山地の霊場と参詣道」として、世界遺産に登録された。沿道には金峯山寺、金峯神社、大峰山寺、玉置神社などの寺社、宿や靡(なびき)と呼ばれる霊地が点在し、平安時代中ごろには120近くの霊地が記録されている。山中の峰や岩、滝などは諸仏が顕現した場所といわれ、鏡や土器など信仰にともなう遺物が多く確認されている。平安期からわが国固有の信仰である修験道の最も重要な修行の場となっている。起点となる天川村へは、近畿日本鉄道吉野線下市口駅から奈良交通バス「洞川温泉」下車。
引用元:大峯奥駈道(おおみねおくがけみち)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E5%A4%A7%E5%B3%AF%E5%A5%A5%E9%A7%88%E9%81%93-1443462

平成8年からほぼ毎年奥駈道を修験者と一緒に歩きながら写真をとり続ける松井良浩カメラマンの作品と共に、同行者ならではのエピソードを紹介してまいります。
引用元:大峯奥駈道を行く // KCN-net press http://www.kcn.ne.jp/netpress/omineokugake/main.html

大峰山脈(おおみねさんみゃく)は八経ヶ岳を最高峰とする紀伊山地の脊梁をなす山脈である。広義の大峰山は大峰山脈を指す場合もあり、深田久弥の『日本百名山』の「大峰山」は大峰山脈全般に亘って記述されている。東西は熊野川上流の十津川と支流の北山川に挟まれ、北は中央構造線に沿う紀ノ川上流の吉野川に接する。大峰山脈の北端は吉野山となる[1][2]。

>奈良県南部の脊梁山脈で南部の一部が和歌山県に属す。近畿地方の高峰が集中するため「近畿の屋根」あるいは「大和アルプス」とも呼ばれ、南北約50kmに達する。このような壮年期の急峻な山々を対象に山岳修験が発達し、山名も「普賢」や「大日」など仏教に纏わるものが多い。尾根筋の吉野から熊野へ至る100kmにも及ぶ縦走路は大峯奥駈道と呼ばれ、紀伊山地の霊場と参詣道として2004年に世界遺産に登録された。
引用元:大峰山脈 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%B3%B0%E5%B1%B1%E8%84%88