「パキスタンの世界遺産」タッター,ロータス・フォート


タッターの文化財
ロータス・フォート
タキシラ
モヘンジョダロの遺跡群
バングラデシュの世界遺産
スリランカの世界遺産
パキスタンの世界遺産(答)
アフガニスタンの世界遺産
61%

059kZLoOIo
パキスタンはどこ?
(画像出題)
インドの西をタッチ(答)
引用元:パキスタンの隣接国「イラン」「アフガニスタン」「インド」「中国」 「シンド州」「バルチスタン州」「カシミール地方」「ジンナー国際空港」「ナンガパルバット山」「METO」中東条約機構「西アジアの反共軍事同盟」 http://seethefun.net/%E7%A4%BE%E4%BC%9A/14689/


シンド、バルチスタン
カシミール
アフガン
パンジャブ
バングラデシュ
カザフスタン
ウズベキスタン
パキスタン(答)


ラワルピンディ
ラホール
カラチ
イスラマバード
パキスタン(答)

連想
ミーソン聖域
フォンニャーケバン国立公園 
ハロン湾 フィリピンの世界遺産  
フエの建造物群
ベトナムの世界遺産(答)

連想
古代都市ポロンナルワ
聖地キャンディ
シンハラジャ森林保護区
聖地アヌラーダプラ
スリランカの世界遺産(答)

連想
アルコバッサ修道院
ギラマンイス歴史地区
エヴォラ歴史地区
マデイラ島の照葉樹林
ポルトガルの世界遺産(答)

連想
パサルガダエ
バムとその文化的景観 
ビストゥン
ペルセポリス
イランの世界遺産(答)

連想
ビブロス
バールベック
カディーシャ渓谷と神の杉の森
アンジャル
レバノンの世界遺産(答)

連想
クサントスとレトーン
ヒエラポリス―パムッカレ  
トロイの古代遺跡
イスタンブール歴史地域
トルコの世界遺産(答)

連想
大チョーラ朝寺院群
ゴアの教会群と修道院群 
デリーのフマユーン廟
タージ・マハル
インドの世界遺産(答)

連想
バルデス半島
ケブラーダ・デ・ウマワーカ 
ロス・グラシアレス
イグアス国立公園
アルゼンチンの世界遺産(答)

連想
マルベロ動植物保護区
ロス・カティオス国立公園
ティエラデントロの国立遺跡公園 
カルタヘナの港、要塞と建造物群
コロンビアの世界遺産(答)

連想
サロンガ国立公園
カフジ=ピエガ国立公園
オカピ野生生物保護区
ヴィルンガ国立公園
コンゴ民主共和国の世界遺産(答)

連想
カマグエイ歴史地区
ビニャーレス渓谷
グランマ号上陸記念国立公園  
ハバナ旧市街とその要塞群
キューバの世界遺産(答)

連想
古代都市パレンケと国立公園
古都グアナファトとその銀鉱群
古代都市チチェンイッツァ 
古代都市テオティワカン
メキシコの世界遺産(答)

連想
チキトスのイエズス会伝道所群
ティワナク
古都スクレ 
ポトシ市街
ボリビアの世界遺産(答)

連想
トゥルネーのノートルダム大聖堂
ブリュージュ歴史地区 
フランドルのベギン会修道院群
ブリュッセルのグラン=プラス
ベルギーの世界遺産(答)

タッターのぶんかざい【タッターの文化財】

1981年に登録された世界遺産(文化遺産)で、パキスタン南部、カラチの東約95kmのシンド州にある。タッターは、インダス川のデルタ地帯にあるシンド地方を支配したサンマー朝、アルグン朝、タルハーン朝の首都として栄えた古都。ムガル帝国支配下においても港湾都市として栄えて、14~18世紀に隆盛をきわめたが、インダス川が流れを変えたため衰退に向かい、18世紀半ばにペルシアの攻撃を受けて滅亡した。タッター市内には、ムガル帝国第5代皇帝シャー・ジャハーンの命で14年の歳月をかけて造営された、青いタイルが象徴的なジャーミ・マスジド(金曜モスク)があり、3つの大ドームと90の小ドーム群が並ぶ。近郊のマクリの丘には、100万に及ぶ墳墓が残るイスラム世界最大級の墓地がある。ペルシア式の優美なモスクとイスラム墓地などが歴史的に価値ある建造物と評価され、世界遺産に登録された。◇英名はHistorical Monuments at Makli, Thatta
引用元:タッターの文化財(タッターのぶんかざい)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%82%BF%E3%83%83%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%81%AE%E6%96%87%E5%8C%96%E8%B2%A1-1497051

ロータス‐じょうさい〔‐ジヤウサイ〕【ロータス城塞】

《Rohtas Fort》パキスタン北東部、パンジャブ州にある城塞。ラワルピンディの南東約80キロメートルの村ロータスに位置し、ジェラム川の支流カハーン川に面する。ムガル帝国第2代皇帝フマーユーンから一時実権を奪取し、スール朝を開いたシェール=シャーにより、1540年に建造。周囲約4キロメートルの城壁に囲まれ、ソハール門、カーブル門をはじめ12の堅固な城門がある。アフガン系とインド系の建築様式が融合した貴重な作例として知られる。1997年、世界遺産(文化遺産)に登録された。ロータスフォート。
引用元:ロータス城塞(ロータスじょうさい)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%82%B9%E5%9F%8E%E5%A1%9E-174642

タキシラ(ウルドゥー語:ٹیکسلا, サンスクリット:तक्षशिला [Takṣaśilā], パーリ語:Takkasilā)は、パキスタン・パンジャーブ州にあるガンダーラ時代に始まる遺構である。その歴史は紀元前6世紀まで遡ることが可能であり、六派哲学の一つであるヴェーダーンタ学派、また、インドの仏教の中心の役割を果たしてきた。1980年にユネスコの世界遺産に登録された。
タキシラは歴史的に3つの重要な交易路が交差する場所に位置していた。1つはマガダ国の首都パータリプトラから続く道であり、1つがバクトリアやペシャーワルといった北西から続く道、最後の1つがシュリーナガル、マーンセヘラー、 ハリープル渓谷を経由してシルクロードへとつながる道である。
タキシラは、パキスタンの首都イスラマバードの西、もしくはラーワルピンディーから北西にそれぞれ約35kmの、グランドトランク・ロードから少し外れた場所にある。
引用元:タキシラ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%82%AD%E3%82%B7%E3%83%A9

モヘンジョ=ダロ(ウルドゥー語:موئن جو دڑو、シンド語:موئن جو دڙو、英語: Moenjodaro, Mohenjo-daro)は、インダス文明最大級の都市遺跡。
紀元前2500年から紀元前1800年にかけ繁栄し、最大で4万人近くが居住していたと推測される。しかしその後短期間で衰退した。原因としてさまざまな説があげられたが、近年の研究では大規模な洪水で衰退したと考えられている。
引用元:モヘンジョダロ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%83%98%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%80%E3%83%AD