せいよし「西予市」愛媛県の市



2004年に合併により誕生した
愛媛県の市は◯◯市?
西予市
せいよし(答)
35%

西予市(せいよし)は、愛媛県の南西部に位置する市。

>愛媛県南予地方に位置する西予市は、2004年に東宇和郡4町(宇和町・野村町・城川町・明浜町)と西宇和郡1町(三瓶町)の5町が新設合併して誕生した。旧5町のうち旧宇和町は江戸時代より宇和島藩の宿場町として栄え、その中心部(卯之町)に残る歴史的景観は、重要伝統的建造物群保存地区に指定されている。旧宇和町は現在でも西予市の中心として機能しており、卯之町には駅や松山自動車道西予宇和インターチェンジがあるなど、交通の利便性が向上している[1]。
引用元:西予市 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A5%BF%E4%BA%88%E5%B8%82


2004年4月、旧東宇和郡(明浜町・宇和町・野村町・城川町)と三瓶町が合併し、西予市が誕生しました。「西予」の由来は、伊予(愛媛県の旧称)の西部地域にあることから。その最大の特徴は標高差1,400mを舞台とした多彩な自然環境。東は高知県境の山々と接し、西は宇和海に臨みます。
たとえば大自然を満喫したり、四季の恵みに舌鼓を打ったり、歴史の町並みを散策したり、西予市にはあなたなりの楽しみ方があります。でも、私たちが一番感じて頂きたいのは、そこに流れるゆっくりした優しい時間。いつか見た懐かしい風景は、幼いあの日を思い起こさせてくれるかもしれません。コウノトリやツルなどの渡り鳥も休息の地として舞い降りる西予市。都会の喧騒を忘れて、ほっと一息深呼吸できる羽休めの地が、ここにはあります。
引用元:西予市の紹介|愛媛県西予市の観光物産サイト|標高差1,400mの記憶 http://www.seiyo1400.jp/introduction.php