自動車「運転死傷行為」処罰法『自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律』


悪質な交通死亡事故を起こした
人物への罰則を強化した、2014年
から施行された日本の法律は
「自動車◯◯◯◯◯◯処罰法」?
傷亡死行危
為転険運致
運転死傷行為(答)
「自動車運転死傷行為処罰法」
7%

自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律
(平成二十五年十一月二十七日法律第八十六号)

(危険運転致死傷)
第二条  次に掲げる行為を行い、よって、人を負傷させた者は十五年以下の懲役に処し、人を死亡させた者は一年以上の有期懲役に処する。
一  アルコール又は薬物の影響により正常な運転が困難な状態で自動車を走行させる行為
二  その進行を制御することが困難な高速度で自動車を走行させる行為
三  その進行を制御する技能を有しないで自動車を走行させる行為
四  人又は車の通行を妨害する目的で、走行中の自動車の直前に進入し、その他通行中の人又は車に著しく接近し、かつ、重大な交通の危険を生じさせる速度で自動車を運転する行為
五  赤色信号又はこれに相当する信号を殊更に無視し、かつ、重大な交通の危険を生じさせる速度で自動車を運転する行為
六  通行禁止道路(道路標識若しくは道路標示により、又はその他法令の規定により自動車の通行が禁止されている道路又はその部分であって、これを通行することが人又は車に交通の危険を生じさせるものとして政令で定めるものをいう。)を進行し、かつ、重大な交通の危険を生じさせる速度で自動車を運転する行為
引用元:自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律 http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H25/H25HO086.html

交通事故で人を死傷させた場合の罰則を強化した新しい法律、「自動車運転死傷行為処罰法」が、日付が変わったきょう(20日)、施行されました。
これまでなかった刑罰の規定がいくつも設けられ、飲酒運転や無免許運転など、悪質な運転で事故を起こした場合の罰則が重くなりました。
今夜は、新しい法律の内容と、悪質な運転をなくすために何が必要か、法律が施行された後の課題について考えます。

>きのうまでは、交通事故で人を死傷させた場合、刑の上限・最高刑が懲役20年の危険運転致死傷罪か、最高刑が懲役7年の自動車運転過失致死傷罪のどちらかが適用されていました。
危険運転致死傷罪は、「酒や薬物の影響で、正常な運転が困難な状態で事故を起こした場合」などに適用されますが、正常な運転が困難だったことの立証が難しいことなどから、悪質な運転による重大な事故でも適用されないケースがほとんどでした。

きょう施行された「自動車運転死傷行為処罰法」は、この2つの罪の規定を刑法から抜き出して独立させ、特別法として作られました。
従来の自動車運転過失致死傷罪は、適用要件などはそのままで、罪名を過失運転致死傷罪に変えました。
そして、これまでなかった新たな罰則の規定が、主に3つ、作られました。
引用元:時論公論 「自動車運転死傷行為処罰法 きょう施行」 | 時論公論 | NHK 解説委員室 | 解説アーカイブス http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/100/188310.html

危険運転致死傷罪(きけんうんてんちししょうざい)は、自動車の危険な運転によって人を死傷させた際に適用される犯罪類型である。
自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律(自動車運転死傷行為処罰法)第2条および第3条の危険運転致死傷に規定がある。
なお、同法律(平成25年11月27日法律第86号)により、刑法第208条の2で規定されていたものが改正され、危険運転致死傷および自動車運転過失致死傷の規定は、同法に独立して規定されることとなった。
本項目においては、刑法および自動車運転死傷行為処罰法において危険運転致死傷罪として制定された経緯、および刑法に危険運転致死傷罪として規定されていた期間における法律的事項について取り扱う。
引用元:危険運転致死傷罪 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%B1%E9%99%BA%E9%81%8B%E8%BB%A2%E8%87%B4%E6%AD%BB%E5%82%B7%E7%BD%AA