「山口県」本州で海岸線最長の県


本州にある県のうち
海岸線の延長が1579kmと
最も長いのは◯◯県?
香口
山潟
石形
山口(答)
35%

日本は、総延長約3万5千kmにおよぶ長い海岸線を有しており、諸外国と比べても、国土面積当たりの海岸線延長は非常に長くなっています(米国の40倍以上)。国土交通省河川局の平成22年(2010年)の海岸統計から、海岸線総延長、要保全海岸延長、海岸保全区域延長の都道府県別の長さをランキングしました。


引用元:海岸線(都道府県データランキング) http://uub.jp/pdr/g/s.html

県は本州の西端に位置し、三方が海に開かれ、東西に中国山地が走り、大きくは、瀬戸内海沿岸地域、内陸山間地域、日本海沿岸地域の三つに分けられます。

 人口は約141万人、面積は約6,100平方キロメートル、県庁所在地は山口市です。気候は概して温暖であり、風水害や地震も比較的少なく、全体として住み良い県といわれています。

 約1,500キロメートルに及ぶ長い海岸線を持つ海は、穏やかな多島海美の瀬戸内海と、北長門海岸国定公園に代表される荒々しい浸食海岸美の日本海という異なった表情を持っています。また、沿岸・沖合域には、およそ240の島々が点在しています。

 中国山地の西端に位置する緑の山々は、その懐に、わが国最大級のカルスト台地と鍾乳洞を有する秋吉台国定公園や、原生林と渓谷美の西中国山地国定公園などの景勝地を抱き、四季折々に変化に富んだ顔を見せてくれます。
引用元:山口県/広報広聴課/日露首脳会談・山口県の概要 http://www.pref.yamaguchi.lg.jp/cms/a11000/nichiro/201610140001.html