「明治節」現在は文化の日に


戦前に「明治節」と
呼ばれていたのは
みどりの日である
×(答)
◯文化の日
65%

明治節(めいじせつ)は、1927年(昭和2年)から1947年(昭和22年)まで、明治天皇の誕生日に相当する11月3日に制定されていた日本の祝日。それまで祝日とされていた三大節(新年節、紀元節、天長節)に追加されたことから、制定後は四大節のひとつとなった。

>大正時代には、東京市民の声によりゆかりの深い代々木に明治神宮が造営されるなど、近代日本の礎を築いた明治天皇の遺徳を偲ぶ動きがあった。1925年(大正14年)2月、田中巴之介らによる明治天皇記念祝日制定の請願運動により全国から署名が集められ、衆議院と貴族院に提出された。これらの動きを受けて加藤高明内閣において明治天皇記念祝日の制定が建議され、大正天皇崩御後の1927年(昭和2年)3月3日、「明治節制定ノ詔書」により明治節が制定された。

>昭和(戦後)・平成[編集]
1948年(昭和23年)7月20日に現行の休日法「国民の祝日に関する法律」(祝日法)が施行、同時に「休日ニ関スル件」が廃止された。しかし、11月3日は以降も休日となっている。現在の「文化の日」であるが、これは1946年(昭和21年)の日本国憲法公布にちなんで制定され、1948年(昭和23年)に公布されたもので、明治節とは直接の関係はないとされる。ただし、1948年(昭和23年)2月26日の国会での議事録には、祝祭日の改正の議論において、明治節を通じて「明治時代を永久に思い出して行きたい」との趣旨の答弁がされており、制定にあたっては実際には関係がないとは言えない[3]。