「大阪市」日本初のワンマンバス


1951年に日本で初めて
ワンマンバスが運行した都市は
京都市である
×(答)
◯大阪市(答)
43%

ワンマン運転(ワンマンうんてん)とは、車掌が乗務せず、運転士一人によるバスや旅客列車の運行方法である。 車掌の業務である運賃授受や発車時の安全確認などは運転士が兼務する。バスの場合はワンマンバス、列車の場合はワンマン列車・ワンマンカーと呼ばれる[1][2]。

>日本の大量輸送型交通機関における本格的なワンマン運転は、1951年6月から大阪市交通局が一部路線のバス(当時の今里 – あべの橋)で夜間に限り行った例が最初とされる[6][7]。これには、1947年(昭和22年)に制定された労働基準法の女子の保護規定(深夜勤務の制限)により、女性車掌の深夜乗務が不可能となったことが大きく影響している[8]。
引用元:ワンマン運転 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AF%E3%83%B3%E3%83%9E%E3%83%B3%E9%81%8B%E8%BB%A2

バス黄金時代へ(戦後の復興期)

戦後の輸送需要拡大を迎えて、バス業界は国産ディーゼルバスの普及とその大型化が進んで行きました。 昭和26年には、大阪市で日本初のワンマンカーが登場しました。都市の拡大に伴い、運行時間が延長されるのとは裏腹に、女性車掌の就労時間に制約が生じ、ワンマンカーの普及に拍車をかけました。昭和27年には、車掌不足を補うために、横浜でもワンマンカーが登場しています。
昭和30年代に入るとますますバス事業は拡大し、地方都市の駅でも、必ずバスがあるという黄金時代を迎えることとなります。
引用元:写真で見るバスの歴史 IV|日本バス協会 http://www.bus.or.jp/mini/history4.html