気仙沼市「リアス・アーク美術館」「巨釜半造」「徳仙丈山」「十八鳴浜」


リアス・アーク美術館
巨釜半造 おおがまはんぞう
徳仙丈山 とくせんじょうさん
十八鳴浜 くぐなりはま
登米市
白石市
名取市
気仙沼市(答)
65%

CIMG8992sWWcKKlQWWRh
数字のしゃれから
「十三屋」という屋号を掲げる
店は◯◯を売る店?
◯を答えなさい
くし 「櫛」
9+4=13
引用元:「笄年」けいねん 女子の15歳「笄(簪)かんざし」を挿すことから 「笄」こうがい「簪」かんざし 「十三屋」櫛(9+4)combを売るお店 http://seethefun.net/%E6%96%87%E7%B3%BB%E5%AD%A6%E5%95%8F/8022/

リアス・アーク美術館は、宮城県が県土の均衡ある発展をはかるため、地域活性化対策事業として「広域圏活性化プロジェクト事業」を創設し、当気仙沼本吉広域圏が選定要望を行った「地域文化創造プロジェクト事業」の中核施設として、宮城県が整備を行い、施設の管理運営を当時の圏域一市五町で構成する気仙沼・本吉地域広域行政事務組合が行っておりましたが、平成16年5月31日に財産一式が県から組合に無償譲与されました。なお、現在市町村合併により、構成市町は気仙沼市、南三陸町の1市1町となっています。

>気仙沼市の中心部から南西2.5km、気仙沼湾を見下ろす丘陵地帯の一角にあります。設計は、早稲田大学理工学部建築学科の石山修武研究室があたり、建物内部は総3階建てに屋上庭園を有し、総面積は4601.22㎡。「1995年日本建築学会賞」を受賞しました。
引用元:リアス・アーク美術館 http://rias-ark.sakura.ne.jp/2/outline/

巨釜・半造(おおがまはんぞう、英: Oogama Hanzo)は、唐桑半島(宮城県気仙沼市唐桑町)中ごろにある三陸復興国立公園の名勝。巨釜の折石(おれいし)は高さ16m、幅3m。左へ移動すると幅2mと細く、右へ移動すると幅4mと太く見える。石灰岩が変質した熱変成岩地帯で、ほとんどの岩が方解石からできている。波飛沫をかぶるため黒ずんでいる岩の表面の中身は灰色から白色の結晶質石灰岩。大型低気圧が通過した翌日と翌々日、波が炭酸水のように泡立つ。巨釜(地図)と半造(地図)の間は幅500mの前田浜(まえだはま)でつながり、その入り江には高さ10m、幅70mほどの八幡岩(はちまんいわ)、500m沖には人参島(にんじんじま)の岩礁にぶつかる白波がわずかに見える。
引用元:巨釜半造 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B7%A8%E9%87%9C%E5%8D%8A%E9%80%A0

徳仙丈山(とくせんじょうさん)は、宮城県気仙沼市にある山である。
>旧・気仙沼市の南西、旧・本吉町の北西郊外にある。標高711.1m。ヤマツツジとレンゲツツジが群生する。毎年5月下旬から6月上旬に、つつじ祭りが行われる。
引用元:徳仙丈山 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%B3%E4%BB%99%E4%B8%88%E5%B1%B1

十八鳴浜(くぐなりはま)
 気仙沼大島の北東部・大初平にある長さ約200m、幅約30mの砂浜。黄褐色の石英粒からなり、砂を踏むと「キュッキュッ」あるいは「クックッ」(9+9=18)と鳴くことからこの名が付けられました。
 鳴り砂は、石英粒の砂が摩擦して起こるといわれており、十八鳴浜は国の天然記念物に指定されています。
 砂が汚れてしまうと鳴らなくなるため、十八鳴浜周辺は人の手が加えられておらず、浜へ出るには駐車場から山道を15分ほど歩きます。
引用元:十八鳴浜(くぐなりはま) | 見どころ | 気仙沼大島観光協会 http://www.oshima-kanko.jp/see/kugunarihama.html