河南省「開封」北宋の首都 旧称は梁州


旧称は梁州
中国八代古都の一つ
河南省の都市
北宋の首都
杭州
安陽
開封(答)
成都
44%


中国八大古都の一つ
世界遺産の西湖
南宋の都・臨安は現在のここ
浙江省の省都
杭州(答)

連想
中国八大古都の一つ
河南省の都市
竜門石窟
後漢や晋の首都
洛陽(答)

連想
中国八大古都の一つ
河南省の都市
殷墟
商王朝の都市
安陽(答)

連想
中国八大古都の一つ
二里岡遺跡
嵩山少林寺
河南省の省都
鄭州(答)

連想
中国八大古都の一つ
元代には「大都」と呼ばれる
紫禁城、頤和園
中国の首都
北京(答)

中国の首都(ちゅうごくのしゅと)。ここでは、中国の歴史上の首都について扱う。現在の中華人民共和国の首都については北京、中華民国(台湾)については南京ないし台北を参照のこと。
中国の王朝においては、西の長安(現西安)・東の洛陽の両都が長きにわたって首都に選ばれることが多く、王朝が南遷した場合の仮の都としては、南京が選ばれることが多かった。しかし、北宋では大運河の影響により開封が首都に選ばれ、さらに航海術の発達により元代に大都(現北京)に首都が置かれた後は、全て北京に首都が置かれるようになった。

>四大古都から八大古都へ[編集]
中国では、西安(かつての長安)・北京・南京・洛陽の4つの歴史的に重要な首都を「四大古都」と呼ぶ慣わしがあった。
ところが、歴史学者らの主張によって1920年代に開封が、1930年代には杭州(かつての臨安)がこれに加えられて、「五大古都」・「六大古都」の呼称が生まれるようになった。
1988年、地理学者の譚其驤は、殷の都の跡である殷墟を評価してその所在地である安陽を追加するように提案した。
2004年、中国古都学会は、商の時代以降3600年の歴史を持つことから、鄭州を追加した。
その結果、今日では以上の8都市(西安・北京・南京・洛陽・開封・杭州・安陽・鄭州)を「八大古都」と呼称している。
引用元:中国の首都 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E3%81%AE%E9%A6%96%E9%83%BD