オーギュスト・コント『実証哲学講義』ブラジル国旗の言葉「秩序と進歩」


ブラジル国旗の言葉は彼のもの
フランスの社会学者
著書『実証哲学講義』
社会学の創始者
ゲオルグ・ジンメル
ロジェ・カイヨワ
エミール・デュルケム
オーギュスト・コント(答)
61%


フランスの社会学者
アカデミー・フランセーズの会員
ラテンアメリカの文学作品を紹介
代表作『遊びと人間』
ロジェ・カイヨワ(答)

連想
日本美術の収集家
著書『貨幣の哲学』
ドイツの哲学者
形式社会学の祖
ゲオルグ・ジンメル(答)

連想
『自殺論』『社会分業論』
「社会学」の先駆者
フランスの社会学者
「アノミー」という概念を創始
エミール・デュルケム(答)

オーギュスト・コント(Isidore Auguste Marie François Xavier Comte、1798年1月19日 – 1857年9月5日)は、フランスの社会学者、哲学者、数学者。「実証哲学講義」、「通俗天文学の哲学的汎論」、「実証的精神論」[1]などの著作がある。

>モンペリエで生まれる。エコール・ポリテクニークで数学を専攻した。「社会学」という名称を創始し、彼の影響を受けた英国のハーバート・スペンサーと並んで社会学の祖として知られる。1817年からアンリ・ド・サン=シモンの教えをうけ、助手を務めたこともあったが、1824年にけんか別れした。1844年から亡くなるまで、ジョン・スチュアート・ミルと親交があり、彼を介して、ハーバート・スペンサーに大きな影響を与えた。生涯を在野の学者として過ごし、パリで死去した。

>ブラジルの国旗の白い帯に記されている「秩序と進歩」(Ordem e Progresso)はコントの言葉である。
引用元:オーギュスト・コント – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%82%AE%E3%83%A5%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%88


社会学・人類教・実証主義

フランス革命と産業革命という近代の始まりに直面したコントは諸学の総合として社会学を創った。その過程を精査し現代的意味を解き明す。
引用元:筑摩書房 オーギュスト・コント / 清水 幾太郎 著 http://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480096333/

コント(Auguste Comte)

[1798~1857]フランスの哲学者・社会学者。人間の知的発展は、神学的・形而上学的・実証的の三段階をたどるものとし、社会学の体系を樹立した。のち、宗教に傾き、人類教を唱えた。著「実証哲学講義」「実証政治体系」など。
引用元:コント(コント)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%88-67453

ゲオルク・ジンメル(Georg Simmel、1858年3月1日 – 1918年9月26日)は、ドイツ出身の哲学者(生の哲学)、社会学者である。ジムメルと表記されることもある。ドイツ系ユダヤ人(キリスト教徒)。
社会学の黎明期の主要人物としてエミール・デュルケーム、マックス・ウェーバー、カール・マルクスなどと並び称されることが多い。
引用元:ゲオルク・ジンメル – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B2%E3%82%AA%E3%83%AB%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%B3%E3%83%A1%E3%83%AB

ロジェ・カイヨワ(Roger Caillois、1913年3月3日 – 1978年12月21日)は、フランスの文芸批評家、社会学者、哲学者。神話、戦争、遊び、夢など、多岐にわたる研究・著作をした。

>著書としてはヨハン・ホイジンガの『ホモ・ルーデンス』に影響されて執筆した『遊びと人間』が有名で、カイヨワはその中で「遊び」を〈アゴーン(競争:文字通り徒競走など)〉、〈アレア(偶然:ルーレットなど)〉、〈ミミクリー(模倣:演劇やRPGなど)〉、〈イリンクス(眩暈:絶叫マシーンなど)〉の4種類に分類して考察している。没後「ロジェ・カイヨワ賞」が発足した。
引用元:ロジェ・カイヨワ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%82%A4%E3%83%A8%E3%83%AF

エミール・デュルケーム(Émile Durkheim、1858年4月15日 – 1917年11月15日)は、フランスの社会学者。デュルケム、デュルケイムなどと表記されることもある。オーギュスト・コント後に登場した代表的な総合社会学の提唱者であり、その学問的立場は、方法論的集団主義と呼ばれる。また社会学の他、教育学、哲学などの分野でも活躍した。
引用元:エミール・デュルケーム – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%9F%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%87%E3%83%A5%E3%83%AB%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%83%A0