「キスログブスカヤ」「アンナポリス」潮汐発電


キスログブスカヤ ロシア Kislaya Guba Tidal Power Station
江厦 中国 Jiangxia Tidal Power Station
アンナポリス カナダ
ランス フランス
海洋温度差発電
潮汐発電所(答)
地熱発電所
風力発電所
45%


ラルデレロ イタリア
ワイラケイ ニュージーランド
葛根田 かっこんだ
八丁原 はっちょうばる
地熱発電(答)

連想
クラスノヤルスク ロシア
グランドクーリー アメリカ
サヤノ・シュシェンスク ロシア
イタイプ ブラジルとパラグアイ
水力発電(答)

連想
恵来石碑山 中国広東省
ロックリバー アメリカワイオミング州
館山
壱岐芦辺
風力発電(答)

132rDknVZj
石油や石炭などを燃やした熱で
水を蒸気に変えてタービンを
回して発電する、日本の火力
発電所の主流を占める方式は?
電汽熱力水
気石蒸発地
汽力発電(答)

127xgRRomN
海面の波が上下するエネルギーを
利用した発電方式は◯◯発電?
◯の漢字をひらがなで答えなさい
はりょく(答)
「波力発電」

ですが
潮の干満によって生じる水位の差を
利用した発電方式は◯◯発電?
ちょうりょく (答)
引用元:「汽力発電」蒸気の膨張力で発電する火力発電の種類 「波力」発電 海面の波の上下動を利用した発電 「潮力」発電 潮の干満を利用した発電 http://seethefun.net/%E7%A4%BE%E4%BC%9A/17614/


次のうち、地熱発電所が
ある県を全て選びなさい
群馬県
愛媛県
岩手県(答)
鹿児島県(答)
秋田県(答)
大分県(答)

東北と九州の県を押せばいいようです。

潮力発電(ちょうりょくはつでん)、潮汐発電(ちょうせきはつでん)は、潮汐流(潮汐による海水の移動)が持つ運動エネルギーを電力に変える発電である。
水力発電・風力発電・太陽電池などとともに、自然エネルギーを資源として利用する技術であり、発電の際に二酸化炭素の排出がないなどという点で、運転による環境負荷は小さいが、大規模な施設では建設により永続的な負荷を与えることがある。
海流発電(潮流発電)とともに、海水を利用する発電で、「海流」を「海水の流れ」とすれば、潮汐流を利用する場合は海流発電の一種である。

>ランス潮力発電所[ソースを編集]
ランス潮力発電所は、1966年11月26日に完成した潮力発電所である。フランスのサン・マロ郊外のランス川河口を幅700mにわたって堰止め、建設された。最大定格出力は24万kW、年間発電量は6億kWh。この付近は潮位差が大きく最大潮位差が13.5m、平均潮位差8.5mにもおよぶ。なお、建設により湾内の海水の交換頻度が減少するため、生態系のバランスが崩れた時期があったようである。
引用元:潮力発電 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BD%AE%E5%8A%9B%E7%99%BA%E9%9B%BB

潮汐力発電は、潮汐に伴う潮位差を利用してタービンを回し、発電する方式である。潮位差が大きい湾や河口の入り口などにダムと水門を建設し、満潮時に貯水し、干潮時に水門を開いて水を放出することによってタービンを回して発電する。発電システムには、干潮時の一方向の流れで発電する方式と、タービンが双方向の流れに対して回転し、満潮時および干潮時の二方向流れで発電を行う方式とがある。潮汐は周期的な現象であり、干潮・満潮の時刻の予測ができるため、発電計画が立てやすい点が大きな利点である。潮汐力発電プラントとして有名なものには、フランスのランス潮汐発電所がある。Table 1は潮汐発電システムの事例を示す。
引用元:潮汐力発電|海洋エネルギーとは|佐賀大学 海洋エネルギー研究センター http://www.ioes.saga-u.ac.jp/jp/ocean_energy/about_tidal-currents_0

The Jiangxia Tidal Power Station (江厦潮汐电站) is the fourth largest tidal power station in the world,[1] located in Wuyantou, Wenling City, Zhejiang Province, China. Although the proposed design for the facility was 3,000 kW, the current installed capacity is 3,200 kW, generated from one unit of 500 kW, one unit of 600 kW, and three units of 700 kW, totalling the installed capacity to 3,200 kW. Proposals were made to install a sixth 700 kW unit, but this has not yet been installed.[2][3] The facility generates up to 6.5 GWh of power annually.[3]
引用元:Jiangxia Tidal Power Station – Wikipedia https://en.wikipedia.org/wiki/Jiangxia_Tidal_Power_Station

The Kislaya Guba Tidal Power Station is an experimental project in Kislaya Guba, Russia.

The station is the world’s 5th largest[citation needed] tidal power plant with the output capacity of 1.7 megawatts (2,300 hp). Station began operating in 1968, but was later shut down for 10 years until December 2004, when funding resumed. The old .4 megawatts (540 hp) French-built generation unit was dismantled. In 2004 was installed first new .2 megawatts (270 hp) generation unit, and in 2007 – second, 1.5 megawatts (2,000 hp). The site was originally chosen because the long and deep fjord had a fairly narrow outlet to the sea which could easily be dammed for the project. There are plans for two larger scale projects based on this design near Mezen, on the White Sea and Tugur on the Sea of Okhotsk.[1]
引用元:Kislaya Guba Tidal Power Station – Wikipedia https://en.wikipedia.org/wiki/Kislaya_Guba_Tidal_Power_Station

フランスでは、ランス川の河口で1967年に世界初の潮汐発電所を完成させ、ランス川河口の平均潮位差が8.5m、最大で13.5mで、最大出力は24万キロワットでした。また、カナダのノバスコシア州にある、平均潮位差が6.4mのアンナポリス川には、アンナポリスロイヤル発電所があります。1984年から稼働しており、最大出力は2万キロワットです。2011年8月、韓国西海岸の始華湖(シファホ)では、世界最大の潮汐発電所が稼働しており、ソウル市から南西40kmの黄海沿岸で、平均潮位差は8m、最大出力は48万キロワットです。始華湖は、この地域の干拓事業により、海と防波堤で仕切られてできた人口湖ですが、発電所建設により汚濁した排水が海に流出し、沿岸の漁業に被害が発生しています。日本で潮位の差が一番大きいのは有明海で5m弱で、日本でも潮汐発電の調査が行なわれたことがありますが、まだ実用化には至っていません。潮力発電が必要な潮の干満の平均潮位差5m以上が得られない日本の沿岸においては、潮力発電よりも潮流による発電の可能性を模索しており、現在は佐賀県沖の洋上で、風力と潮流両方に対応できる発電プロジェクトが進められています。
引用元:潮力発電の概要|ホームメイト・リサーチ http://www.homemate-research-infra.com/useful/18169_facil_050/