ソロビエフ・ニコラエビッチ 1988「ペレストロイカ」で「新語流行語大賞」を受賞 「自由国民社」長谷川國雄

107DNgtqNxGSq
次の文字列を順に選んで
1988年の「新語・流行語大賞」を
「ペレストロイカ」で受賞した
当時のソ連大使の名前にしなさい
ソロビ
エフニ
コラエ
ビッチ
「ソロビエフ・ニコラエビッチ」

CIMG8911ZQzQhvqESrxj
昭和3年8月創業
創業者は長谷川國男
創業当初は「サラリーマン社」
「現代用語の基礎知識」を発行
小学館
自由国民社(答)
三省堂
旺文社

>>第5回〔1988(昭和63)年〕1988 新語部門・金賞
ペレストロイカ
受賞者:ソロビエフ・ニコラエビッチ(駐日ソビエト連邦大使)
ソビエト共産党のゴルバチョフ書記長が打ち上げたソ連の改革政策(ペレストロイカ)は、世界中から好感をもって迎えられ、その成否は注目を集めた。…
新語・流行語大賞.

字義どおりには〈建て直すこと〉であるが,1985年3月のゴルバチョフ政権登場後のソ連における改革運動を指す。その中心は1980年代初頭に危機寸前の状況にまで至った経済のメカニズムの〈根本的改革〉であるが,単に経済だけでなく,グラスノスチと呼ばれる公開制や意見の多元主義,政治的民主化,スターリン批判の再開など,多様な側面に及んでいる。
引用元: ペレストロイカ とは – コトバンク.

1984年(昭和59年)に創始され、毎年12月1日(土曜日・日曜日の場合は次の平日[1])に発表される。
候補となる言葉は『現代用語の基礎知識』(自由国民社・刊)の読者アンケートによってノミネートされ、その中から新語・流行語大賞選考委員会(選考委員7名)によってトップテンと年間大賞が選定される。
創始当初は、新語部門と流行語部門に分かれて、それぞれ金賞を筆頭として各賞が選ばれていたが、8回目の1991年(平成3年)からは年間大賞が設けられ、11回目の1994年(平成6年)からは両部門を合わせて選定されるようになった。
2003年(平成15年)には株式会社ユーキャンと提携し、翌2004年(平成16年)より現代用語の基礎知識選『ユーキャン新語・流行語大賞』に改称された。
引用元: 新語・流行語大賞 – Wikipedia.