「ソウル」「北京」「モスクワ」「ニューヨーク」東京都の姉妹都市

079kzlldmakect
次のうち、東京都と
姉妹都市提携を結んでいる
都市を全て選びなさい
ワシントン
ソウル(答)
北京(答)
モスクワ(答)
パリ(答)
ローマ(答)
ニューヨーク(答)
ロンドン(答)
シドニー
バルセロナ
オタワ
32%

zdpxhxaygg
二都市間都市外交

 世界12の都市と姉妹友好都市提携を締結し、スポーツ、環境、文化など幅広い交流を行っています。
 今後は姉妹友好都市に限らず、戦略的に協力関係を構築すべき都市を選定し、二都市間都市外交を進めていきます
引用元:東京都の都市外交 | 二都市間都市外交 http://www.seisakukikaku.metro.tokyo.jp/gaimubu/output/citytocitydiplomacy.html

姉妹都市(しまいとし、アメリカ英語: Sister Cities)は、文化交流や親善を目的とした地方同士の関係を指す。友好都市(ゆうこうとし)・親善都市(しんぜんとし)などとも呼ばれる。国同士の外交関係とは別のものである。

>要件[編集]
姉妹都市(友好都市)を規定する国際的な統一基準はなく、日本国内でもこれを定めた国内法があるわけではない。
日本において自治体の国際提携の情報提供と支援を行う財団法人自治体国際化協会では、統計・整理上の基準として
両首長による提携書があること
交流分野が特定のものに限られないこと
交流するに当たって、何らかの予算措置が必要になるものと考えられることから、議会の承認を得ていること
の3要件をすべて満たすものを「姉妹(友好)自治体」として扱っている[3]。

>日本において国際的・国内的に広く用いられている表現は「姉妹都市」である。このほか「友好都市」や「友好交流都市」・「親善都市」などの表現も用いられる。「姉妹都市」と「友好都市」等には、実質的な違いがないものとあるものの双方がある(#「姉妹都市」と「友好都市」節も参照)
日本での国際自治体提携上の「友好都市」は、「姉妹」では上下の関係が生じることから中華人民共和国との間で使われるようになった[9](中国語では「友好城市」)。たとえば奈良市は、国際自治体提携の相手方が中国の都市ならば「友好都市」、中国以外ならば「姉妹都市」と使い分けている[23]。「友好都市」は、現在では中国以外にも使われることがある[9]。
引用元:姉妹都市 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A7%89%E5%A6%B9%E9%83%BD%E5%B8%82