小泉内閣「福田康夫」「細田博之」「安倍晋三」鳩山内閣「平野博文」菅内閣「仙谷由人」

063kkeymtwvyaq
次の歴代内閣官房長官を
任期時の内閣ごとに
グループ分けしなさい

菅内閣小泉内閣鳩山内閣
安倍晋三
平野博文
福田康夫
細田博之
仙谷由人

59%

歴代の内閣官房長官(れきだいの ないかく かんぼうちょうかん)では、歴代の内閣書記官長と内閣官房長官を列挙する。
引用元:歴代の内閣官房長官 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%B4%E4%BB%A3%E3%81%AE%E5%86%85%E9%96%A3%E5%AE%98%E6%88%BF%E9%95%B7%E5%AE%98

福田 康夫(ふくだ やすお、1936年(昭和11年)7月16日 – )は、日本の政治家。
衆議院議員(7期)、内閣官房長官(第67・68・69代)、沖縄開発庁長官(第41代)、内閣府特命担当大臣(男女共同参画担当)、自由民主党総裁(第22代)、内閣総理大臣(第91代)などを歴任した。
>2001年4月に組閣した第1次小泉内閣において引き続き内閣官房長官および男女共同参画担当大臣に就任した。
引用元:福田康夫 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A6%8F%E7%94%B0%E5%BA%B7%E5%A4%AB

細田 博之(ほそだ ひろゆき、1944年(昭和19年)4月5日 – )は、日本の政治家、元通産官僚。自由民主党所属の衆議院議員(9期)、自由民主党総務会長(第54代)、清和政策研究会会長。島根県松江市出身。
自民党幹事長(第43代)、自民党国会対策委員長(第46代)、内閣官房長官(第70・71代)、沖縄及び北方対策担当大臣、科学技術政策担当大臣、個人情報保護担当大臣、内閣府特命担当大臣(男女共同参画担当)、自民党幹事長代行(第3代)、自民党島根県連会長を歴任した。
行政管理庁長官、防衛庁長官、運輸大臣を歴任した細田吉蔵は父。

>2002年の第1次小泉改造内閣で、内閣府特命担当大臣(科学技術政策・沖縄北方対策担当)として初入閣。内閣官房副長官であった2004年、年金記録問題で辞任した福田康夫の後任として副長官から内閣官房長官に昇格した。以後は自民党国会対策委員長、自民党経理局長などを経て、2007年に自民党幹事長代理に就任する。
引用元:細田博之 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%B0%E7%94%B0%E5%8D%9A%E4%B9%8B

安倍 晋三(あべ しんぞう、1954年(昭和29年)9月21日 – )は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員(8期)、第96・97代内閣総理大臣(再登板)、第25代自由民主党総裁(同)。
内閣官房副長官、内閣官房長官、内閣総理大臣(第90代)、自由民主党幹事長、自由民主党総裁(第21代)を歴任した。

>小泉政権末期の早い段階から自民党内の「ポスト小泉」の最有力候補の一人と言われ[要出典]、2005年10月31日付で発足した第3次小泉改造内閣で内閣官房長官として初入閣。
引用元:安倍晋三 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%89%E5%80%8D%E6%99%8B%E4%B8%89

平野 博文(ひらの ひろふみ、1949年3月19日 – )は、日本の政治家。民進党所属の衆議院議員(6期)、民進党大阪府連常任顧問、雄志会会長(初代)。
内閣官房長官(第77代)、文部科学大臣(第16代)、衆議院安全保障委員長・国土交通委員長、民主党国会対策委員長(第16代)等を歴任した。

>2009年5月、鳩山由紀夫の民主党代表就任に伴い、党総務委員長代理(役員室担当)に起用された[1]。同年の第45回衆議院議員総選挙では、自由民主党前職の井脇ノブ子を大差で破り、5選。選挙後に発足した鳩山由紀夫内閣で内閣官房長官に任命され、初入閣した[2]。
引用元:平野博文 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B3%E9%87%8E%E5%8D%9A%E6%96%87

仙谷 由人(せんごく よしと、1946年(昭和21年)1月15日 – )は、日本の政治家、弁護士。
衆議院議員(6期)[1]、旧民主党政策調査会会長、民主党政策調査会会長(第7代)、内閣府特命担当大臣(行政刷新担当)、内閣府特命担当大臣(「新しい公共」担当)、内閣官房長官(第78代)、法務大臣(第86代)、拉致問題担当大臣、民主党代表代行などを歴任。

>2010年6月8日発足の菅内閣では横滑りで内閣官房長官に就任。「影の総理」[8]、「赤い後藤田」[脚注 4]と呼ばれるほどの政界実力者として注目されるようになった。通常は5人程度の官房長官秘書官を10人抱えたこと[9]、10月14日の横浜で行われたアジア太平洋経済協力会議での日韓首脳会談に首相と共に陪席したこと[10]などが異例だと報じられた。
引用元:仙谷由人 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BB%99%E8%B0%B7%E7%94%B1%E4%BA%BA