レオン・ワルラス『純粋経済学要論』ローザンヌ学派始祖

087encykdijjyg
限界効用理論を確立
著書『純粋経済学要論』
「一般均衡理論」を提唱
ローザンヌ学派を創始
レオン・ワルラス(答)
ウィリアム・ジェヴォンズ
ワシリー・レオンチェフ
ヘルマン・ハインリヒ・ゴッセン
52%


1973年ノーベル経済学賞を受賞
国際貿易論におけるパラドックス
産業連関分析の創始者
現在のロシア生まれ
ワシリー・レオンチェフ(答)

連想
限界効用理論を確立
太陽黒点説を唱える
著書『経済学理論』
イギリスの経済学者
ウィリアム・ジェヴォンズ(答)

マリ・エスプリ・レオン・ワルラス(Marie Esprit Léon Walras、1834年12月16日 – 1910年1月5日)は、スイスのローザンヌ・アカデミー(後のローザンヌ大学)で経済学の教鞭を執ったフランス生まれの経済学者。ヨーゼフ・シュンペーターによって「すべての経済学者の中で最も偉大」と評された[1]。また、経済学的分析に数学的手法を積極的に活用し、一般均衡理論を最初に定式化した。
引用元:レオン・ワルラス – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%AF%E3%83%AB%E3%83%A9%E3%82%B9

ワルラス【Marie Esprit Léon Walras】

1834‐1910
フランスの経済学者。ジェボンズ,メンガーとならぶ限界革命の主役であり,またローザンヌ学派の始祖。パリの鉱山学校に入ったが,哲学,歴史,文学,芸術批評,小説の創作に熱中した。しかし経済学者であった父オーギュストAntoine Auguste W.の希望もあり,ジャーナリスト,鉄道書記,協同組合管理者などをしながら経済学を研究。1870年にスイスのローザンヌ大学教授となり,92年まで在職。その経済学体系は,交換価値と交換の理論,ないし抽象的に考えられた社会的富の理論である純粋経済学,社会的富の経済的生産の理論ないし分業を基礎とする産業組織の理論である応用経済学,そして所有権の理論であり社会的富の分配の科学である社会経済学からなり,それぞれその著作《純粋経済学要論》(1874‐77),《応用経済学研究》(1898),《社会経済学研究》(1896)に対応する。
引用元:ワルラス(ワルラス)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%83%AF%E3%83%AB%E3%83%A9%E3%82%B9-154418

一般均衡(いっぱんきんこう,英: general equilibrium)とは、ミクロ経済学、特に価格理論のアプローチのひとつ。主として1つの財の市場における価格と需給量の決定をあつかう「部分均衡分析」に対し、多くの財をふくむ市場全体における価格と需給量の同時決定をあつかう理論を「一般均衡分析」と呼ぶ(ただし、部分均衡は注目する財以外をまとめて一つの財として捉え、明示的ではないがその均衡を考えていることになるため、一般均衡分析でもある)。レオン・ワルラスが19世紀に創始し、1950年代にケネス・アロー、ジェラール・ドブルー、ライオネル・マッケンジー、二階堂副包らの貢献により現在の整合的な分析手法となった。
引用元:一般均衡 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%80%E8%88%AC%E5%9D%87%E8%A1%A1

ウィリアム・スタンレー・ジェヴォンズ(William Stanley Jevons、1835年9月1日 – 1882年8月13日)は、イギリスの経済学者・論理学者。彼は、彼の著書『経済学理論』(“The Theory of Political Economy”,1871年)の中で、「最終の」効用(限界効用)による価値理論を詳しく説明した。ジェヴォンズの著作は、オーストリアのカール・メンガー(1871年)とスイスのレオン・ワルラス(1874年)による同様の発見を通して、経済思想の歴史における新しい時代の始まりを刻印した。貨幣や景気循環に対する分析も著名で、景気循環と太陽黒点の関係を示した太陽黒点説が特に有名である。
引用元:ウィリアム・スタンレー・ジェヴォンズ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%B4%E3%82%A9%E3%83%B3%E3%82%BA

ワシリー・ワシーリエヴィチ・レオンチェフ(ロシア語: Василий Васильевич Леонтьев、英語: Wassily Leontief、1905年8月5日 – 1999年2月5日)はソビエト連邦出身の経済学者。1973年に投入産出分析(産業連関分析)の研究でノーベル経済学賞受賞。
引用元:ワシリー・レオンチェフ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AF%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%AC%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%95

ヘルマン・ハインリヒ・ゴッセン(Hermann Heinrich Gossen、1810年9月7日 – 1858年2月13日)は、ドイツ・プロイセンの経済学者。主著『人間交易論』(原題『人間の交換の諸法則並びにこれに基づく人間の取引の諸基準の発展』Entwicklung der Gesetze des menschlichen Verkehrs und der daraus fließenden Regeln für menschliches Handeln)において、限界効用理論を初めて明確な形で記述した。
引用元:ヘルマン・ハインリヒ・ゴッセン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%98%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%AA%E3%83%92%E3%83%BB%E3%82%B4%E3%83%83%E3%82%BB%E3%83%B3