「小川山(おがわやま)」奥秩父山地にあるフリークライミングのメッカ 

325irswgrtgawj
フリークライミングのメッカで
「日本のヨセミテ」の別名も
ある、山梨県と長野県の
堺に位置する山は◯◯山?
甲賀
谷村
小川
小川(答)
「小川山」
おがわやま
0%

小川山(おがわやま)は山梨県北杜市と長野県南佐久郡川上村の境にある標高2,418mの山。奥秩父山地に属する。
近辺は花崗岩の岩盤で構成されていて、1980年代以降、フリークライミングのメッカとなっている。フリークライミングでは大きな岩の塊を攀じ登ることに喜びを見出すが、この地域では手や足が掛かるように岩を彫ってしまうチッピング行為が、自然破壊または後から来る人にとっての喜びの場を台無しにするマナー違反として問題になっている。「日本のヨセミテ」という異称もある。麓は白樺、唐松の森となっている。
登るには、廻り目平キャンプ場、金峰山荘に宿泊してから朝出立するとよい。
引用元:小川山 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E5%B7%9D%E5%B1%B1

「小川山」と言っても、当の小川山は廻り目平からはるかに離れた主脈上のピークである。現在登られているエリアを考えると「廻り目平周辺の岩場」とか「金峰山川西股沢」などの名称が正確と思われる。しかし小川山という名称はいまやクライマーに完璧に定着しており、これを変更するのはナンセンスであろう。

小川山の岩場は小さな岩峰の集合体であり、その全ての位置関係を把握するのはなかなか難しい。砦岩に行こうと思っていたら屋根岩に着いてしまったとか、おむすび山を水晶スラブだと思いこんで、1日登っていたパーティもいたという。そんなこともあり、かなり詳細なアプローチ図を付けた。
引用元:小川山 | 山と溪谷社のクライミング・ボルダリング総合サイト CLIMBING-net クライミングネット http://www.climbing-net.com/iwaba_detail/%E5%B0%8F%E5%B7%9D%E5%B1%B1/